お客様方の幸せを祈願してきました!!ヽ(^o^)丿


f:id:babupeikko:20210103005653j:plain

三が日の太鼓台稲荷(島根県津和野町)は、車で上がれないので、駐車場から徒歩。

それでも、たくさんの鳥居側の急な階段を上がるより、ずっと楽。w

f:id:babupeikko:20210103005718j:plain

4日以降は、一番上の ここに止められる。

f:id:babupeikko:20210103010358j:plain

私が手を合わせる直前、明るくなって、雪が止みました。

ほんとこちらでは、いつも不思議な事があります。

お揚げさんをお供えし、ロウソクに火を点けてから、お客様方の幸せを祈願しましたよ~♪

f:id:babupeikko:20210103011118j:plain

一瞬の晴れ間は、おキツネさまのいたずらでしょうか。w

f:id:babupeikko:20210103103723j:plain

コロナで、注文用紙が出来てました。

欲しいお札や御守りの数を書いて、用紙を社務所に持って行くシステムになってました。密を避けていいシステムと思います。

f:id:babupeikko:20210103011201j:plain

おみくじを引いて、結び終えたら、雪がまた降り出しました。

カウントダウンを、こちらで迎えた事がありますが、階段も人で埋め尽くされていました。

神社での年越しは、誰か彼か時計を見てるので、おめでとうっと言う声で、ああ年明けたんやーっと思うもんです。知らない人たちと共有するおめでたモードは、いつもワクワクします♪

(ちなみに、石子は、バイト前に出雲大社で年越しをし、サクッと帰ってバイトの時間まで友達の家で寝てたそう。出雲大社は若い子たちが来てたと。

そうそういつの時代も、若い子らが行くのが年越しの大社。

昔は渋滞するとわかっていても、広島からでも若者が来ていた。)

f:id:babupeikko:20210103012732j:plain

これやりたかったなあ。

けど、好きな種類のみくじにしました。

好きなんは、よくある200円のんで、財布に入れておけるんが付いてるやつです。

今年は、打ち出の小槌が出たよ。

 

甘酒を石子が買ったら、売店のおばあちゃんが「今年は少ない。」っと。

元日も、平年より少なかったそう。

 

せっかく寒い中で屋台出してるんだもん、参拝のあとは、お金落として帰りましょう。

私「500円?千円?どっち?」

石子「500円。」

戦闘帽石子に500円を渡す。

f:id:babupeikko:20210103095832j:plain

車内にて。

アルコール除菌をしっかりして頂きます。

「ほらウルトラマン。」とか、いちいち見せてくる石子。w

私「一個ちょうだいよ~。」

石子「自分で取り~。」

私「あ、アンパンマン。」

石子「それドラえもん。w」

私「キメツの中身もキャラクターなんかな?」

二人が「それは無い!」

さらに石子「難し過ぎるやろ。炭次郎とかねずこ。」