★バビブベばぶちゃん★(*>▽<*)ゝ

★いしやさんの雑記★

本年度後半の運気で作るブレスのご予約とブレスの修理について。

5月26日~27日の二日間に受付します。

金額は25000円で変わりありません。

サイズも書いて、ナビよりお知らせ下さいまし~。

 

本年度後半も、悲しい水難事故が。。。

特にお子さん、気を付けて欲しいです。

後半の注意点は、おっと。。。ここからは、ご予約頂いた方限定だ。

 

 

修理依頼について。

期限は、事前に告知した通り25日までです。

 

期限内に送ってや~♪

 

島根でお産まれになった猿田彦様からスタートし、最後の。。。

金曜の夜、数名のお客様といつものようにやり取りをしておりました。

が、急に出かけないといけなくなったと書きましたね。

本当に急で、私、朱印帳も余裕でページもあったし、一冊しか持っていきませんでした。

アメノオシホミミ(ニギギパパ)様が、紹介すると。

紹介かーい!

どこに行けばいいのかな?っと思った時、柏手の音がパンパンと二回鳴りました。

それは20mは行かない。でもそんなに近くもなく、10mは絶対に離れている。それぐらいの距離で鳴ってる音でした。

そしたら、お参りの景色が入ってきて、ああここに行けばいいんだなっとわかりました。

全然不思議とか思わず、とにかくそこへ行けばいいんだしか思いませんでした。w

旦那にどこどこまで行くと言うと、「うん、行こっ♪」っと。

なんか私より楽しそうでした。

金曜は旦那の誕生日で、ケーキを食べたあと、ナビのお返事をして、その後、洗濯機に水を溜めて、洗濯しようと言う時に、降りてきたのです。

(今思うと、たぶん、その時、私が一人になったからでしょう。それまでは部屋で一人でいる事がなかったもの。)

カメラのバッテリーを充電したり、それからドタバタしましたが、石さんとブレスさんも積んで、夜のうちにすべて準備し、バタンと寝ました。

 

島根の潜戸(くけど)で産まれた猿田彦様のところへまず行きました。

出品中のピンクの石さんに大絶賛頂きました。

その理由は、ご購入者様には、お伝えしますね♪

 

ニギギパパ様に、前回お参りした時、問うたことへの返事は、こちらではわかりませんでした。

紹介頂いたけど、ここじゃないんやー。。。

「このあとどちらへ?」なんてこと、これまで、そうそう聞かれた事はありません。

この日は、なぜか、会う人会う人に聞かれ、そこがすっごく不思議でした。

 

次・・。次・・・。

えーーっまったくわかりませーーん。w

周辺の案内図とか、看板とか見て、うーん。。どこに行こうかな。

こんな感じでしたからね。

そうすると、「どこどこへはいらっしゃいましたか?」っとか、「今日はやってるかな?」っとか、情報が入ってくるくる。w

「じゃあそこ行ってみます♪」こんな風でした。

無計画やのに、なんでか行くとこがいっぱい。w

全部の神社の写真をもちろん撮ってますが、社号票を写してなければ、もうワカメ状態でしょうなあ、こんだけ一度に巡ったら。(´艸`*)

なので社号票も扁額も撮影しています。\(^o^)/

 

最後から3社目に行った時、なんでか、そろそろ終わりだろうなって思いました。

家に帰る途中、携帯で調べたら、その神社はニギギパパ様を祀っていたのです。

そして、最後のひとつ前で、とんでもない量のオーブを見ました。

これは左四隅のほんの一部だけ載せてるのです。

龍の彫りや鶴の彫り、獅子など立派な彫りの本殿も、オーブだらけ!!

古事記に載って無くて、唯一の完本風土記として残っている出雲風土記には載っている神様方も、島根にはいらっしゃいます。

奈良時代には、確実に、どこでお生まれになり、どこにお社を建てられたのか、きちんとわかっていたと言う事ですね。

まさかこんなに巡る事になるとは思ってなかったので、朱印帳がいっぱいになりました。w

家にサラッピンが、いっぱいあるので、もう紙に書いて頂き、家に帰って新しいのに貼ればいいわってね。w

 

ここで翌日の事を少し挟みます。

満月の夜は、雲が多かったですが、何回も外に出て、ついに隙間に遭遇。

しっかり美しいお月様も見れました。根性。w

前日は雲がなく、綺麗なお月様をずっと見れましたが、雨じゃないので、絶対見れると思っていたので、ほんと16日に満月見れて良かった♪

こちらは、満月の前日の画像です。沢山の神様と出会って帰る途中に撮ったものです。

お留守番していた石さんたちも、輝いてました♪♪

この翌日から、運気がガラリと変わり、私自身は、大変化の日に近くなって来ると、その変化がきつくてたまりませんでした。

満月を見るんだ!って夜はマックスで頭痛。

 

前回のお参りの時、16日からの事を、アメノオシホミミ様に問うていたのが、15日にわかった事が、一番の驚きであり喜びでした!!!★

 

とある姫様の神社に着き、お参りをします。

そこでお参りする前に【ここが最後だ】と思ったのは、一歩入った瞬間「わあ!」っと声が出るほど、待って下さっていたとわかったからです。

 

もう一度言います。

一歩入る。

わあ!っと声が出る。

バーーン!!!やられたー!!!

ここはスピ系の有名人がいらっしゃったら、「うわー!」って絶対言うと思います。

 

旦那に、「どこの神社が一番良かった?」っと、さっき聞いたら、「◎◎神社かな。一番最後に行ったとこ」っと。

「やっぱりあそこやんな、私も一緒。」

 

なにに、やられたのでしょうか?

それは、

 

 

 

 

続く!!

レトロな街が好き。

レトロな路地とか、ほっこりする町が好きなもんで、たまにアップします。

いつまでも残って欲しいけど、そうはいかないので、記録として。

皆さんが幸せになりますように。

いつも漢方をもらっている先生に言いました。

「看護師さん(ナースウェアの色)、めっちゃいいですね!」

「ありがとう。◎◎◎◎◎いいと思って。」

「まったく同じ考えです!」

新しくなった看護士さんのウエアーが、まさかのこのブレスのお色でした。

うんうん、そうそう。わかってるなー先生。やっぱり馬が合う人は違うわ♪

コロナ禍でこそ、やっぱりこれでしょう。

私も運転しながら、自分のブレスを見てイイなあと♪(≧◇≦)

色んな良いエネルギーをもらってます!★(*^^*)

生きてりゃ誰だって、落ち込む事もあるし、悔しいこともありますが、それが拡大するので、バッサリ気持ちは断ち切る事です。

もう12年のお付き合いになりますかね。もっとか。w

皆さんも、話聞いてもらう時は、口の堅い人に言いましょうね。

私自身、口の軽い人、大嫌い。絶対おるよね。クラスに一人、職場にひとり、近所に一人はいる。人徳ゼロ。w

我が家は全員口硬過ぎるぐらい硬い。なので、口の軽い子は、家の中で、親が色んな人の事言うてるんやろうなって思ってる。

子供の前でも、なんでも喋って子供に聞かせてる家庭なんやと思ってる。

石子のクラスにもやっぱり男女一人ずついて、親見ると、なんかひきつった。w

心で思えよ。顔に出すな。www

まあそういう事で、口の堅い私だから、今後もなにを聞いても、個人間だけの話で通します。

そうそう、内科も、もう5年以上通ってるので、看護師さんが、私、腸の病気でねえとか、普通にしゃべってくる。wパワーストーンの事も色々聞いてくる。w

目が合うまで、受付の人も見て来る。wその日別の人が受付した時なんかに。

みんなと、めっちゃ仲いいんですよ。

私、細かい細かい変化にもすぐ気づくのでね。ちゃんとそれどこででも言うし。

なので、「◎◎さんだけです。そんな事言ってくれるのは。」って今日も郵便局で言われた。

改善したほうがいいとこも言うし。wみんなが困ってる事なんかは、すぐ言うかな。

それで良くなって、ひとつみんなのイライラが減ったらいいやん♪

いつも女性が味方になってくれるのは、普段の人となりと、自分でも思う。

やっぱり男性では気づかない繊細な部分があるからね。

そういうとこも含め、これからもブレスを丁寧に作っていきます。

なぜならで、オオーー!!っと思いましたわ。

せっかく企画した情報ですから、特に必要な方にお伝え出来て、私も嬉しいです♪

 

最後に石子の事を聞いて下さい。

現在、研修中で、そこの上司と仲良くなり、家にも呼ばれ、そこの奥さんともめっちゃ仲良くなってます。( *´艸`)さすがですわ。

みんな良くしてくれるそうです。

 

仲良くする努力は一生続きます。

そうすれば、人に嫌われる事はありません。

 

石子はアメリカ本土の留学ではありませんでした。

予算的に本土なら二カ月がマックス。

なので、同じ金額で半年行ける国にしました。

 

そこは色んな国の人が来ていて、結果的に、留学中に他の国にも旅行に行ったり出来たので、ほとんどが同じ民族の国への留学じゃなくて良かったと思っています。

 

留学中、同じクラスの子たちが仲良しになればと言う思いだけで、よくパーティーを石子がやろうと言い、やってました。

 

それは、各国の手軽にできる家庭料理を作り、紙コップで乾杯する簡単なパーティーでした。

 

3回目のパーティーの時、留学に来てる子の父親が言いました。

その父も一緒に留学に来てたんですけどね。w

たぶん、経営者でしょうと、石子。

そうやな、仕事を長く休んで自らも留学出来る環境やもんな。

 

「石子は偉いねー。みんなの為にパーティーをいつも企画して。」←もちろん英語で言ってる。w

 

石子は、みんなが楽しそうにしてるのを、ただ見てるだけでした。

楽しそうに仲良くしてるのをニコニコしながら。

 

それをちゃんと見てる留学生の父が、凄い。

石子がなぜこういうパーティーをしようしようとするのかを、一回目、二回目の姿を見て、三回目も同じだったんで、親睦の為にやってると気づき、それを石子に言ってくれた訳です。

 

その話を、帰国後に聞いて、「良かったなあ。嬉しかったやろう。ちゃんとそういうとこを見てくれてる人がいて。石子のいいところをわかって、ちゃんとそれを伝えてくれて。」

日本にいても、なかなかそこまで気づいてくれる人はいないので、すぐ私は泣きました。

 

今は、ヤモリやトカゲを平気で触れる石子がいなくなったので、出た時どうしようかと泣いてます。(触れるのはほんまやけど、泣いてるのは嘘です。w)

 

その石子さん「顔見せに帰るわ。帰って欲しくないの?」ですと。

再来週あたりに帰ってくるらしい。

ほんとは自分が寂しいから帰って来たいんでしょっと思ってますが、それを言うと「そんな風に思ってるなら帰らないわ。」っと、めっちゃ怒ると思うので、言えませ~~ん。w

「うん♪顔みたいので帰ってきてー。」でこれからも行く。w

今年も、つばめさんには諦めてもらった。

去年も使ったのを10日の朝巻いた。

見た目は良くないけど、一番安価で効果がある。

しばらくこれです。w

 

ほんとは、9日の夜にやるつもりだったけど、まん丸の肉付きの良いつがいが、この上にいてね。

夜に追い出すのは、可哀そう。真っ暗な中、どこに飛べと?

灯りを点けても逃げなかった。

 

10日の朝、旦那にやってもらった。

ほんと辛かったわ。。。

新聞を敷いても、雨でびしゃびしゃになり、フンだらけになってしまうので、我が家は無理なのよ。

強風になれば、巣自体も濡れてしまうよ。

朝 玄関を開けたら、フンだらけって言うのは困るし、燕さん自身も、嵐のような雨の日は、まともに雨がかかるので、困ったでしょう。

だから、ひさしが長いおうちか、納屋に巣を作ってね。

旦那の実家には、いっぱい巣があるので、出来る事なら、ここよって紹介したいぐらいでした。

 

 

ここからは、うちのブレスはあるとイイ事があると言うはなし。

 

私は、自分が好きだからパワーストーンを売ってます。はい、わかってますー。

自分の好きなものだから続いてます。w

 

カルマブレスをして買い物に行った日の事。

めっちゃ安くなってたので、3色買いました。w

軽いので、家の中で、移動するのに、ちょうどいいんです。

中身を使う時に持ってくればいいだけ~♪(撮影のために引っかけただけで、実際は棚の一番上に並べています。w)

 

 

ブレスを一本してただけで、この日は、他にもお買い得品に当たり、同じのを4つ買い、5つ買いとしました。

家に帰って「今日の戦利品♪」っとニヤニヤしながら旦那に見せてました。w

 

 

私のとこのブレスをとにかく一本以上着けて過ごした。→イイ事がある。(気づいてない事もあるかもしれないけど)守ってもらってる。

 

なんも着けずに一日過ごした。→悪い事も無かったけど、イイ事も無かった。身代わりも守護力もないので、緊張の連続であった。

これは、私自身の経験です。年に一回は忘れるので。(大慌てで出た時。w)