バビブベばぶちゃん

いしやさんの好きな物の雑記★-Sarlahcristallo-★https://auctions.yahoo.co.jp/seller/sarlahcristallo

ふたり花見+味にはうるさい。

昭和育ちの私は、カフェって たっけーっと思うのです、はい。

もうパフェとか900円以上したら、ぼったくりと思う人。

甘いんを食べに行ったりはありえん。

スイーツなんか食べに行く気しない。

なので、せめてランチ。

前に地元で、石子は甘いもんを注文し、私は珈琲を。

けど、くっそマズイ珈琲で、こんな安い豆で、たっかーーっと思った。

石子が喜ぶと思って行ったけど、コンビニのほうが、まだマシと言うまずさ。

 

珈琲の御替わりはいくらですって、あんなマズイ珈琲、タダでもせんっちゅうの~。

カフェ懲り懲りだけど、石子が喜ぶと思って、また行きました。

石子はそこ3回目ですが。

 

f:id:babupeikko:20200331222738j:plain

「お勧めのランチから選ばんでもいいで~、好きなん頼み~。」

けど、日替わり980円は、気になったので聞いてみた。w

私「今日はなんですか?」

「焼肉です。」

 

 要らんな。

980円で食べれる肉なんか、味付けてタレしみこませた、ごまかしてある肉やろうで。

 

AランチやBランチみたいな4つのランチも、見事に食べたいの無し。

 

普段はすぐ決める方なのに、カフェっちゅうとこに慣れてないんでしょう、なかなか決めれない私に、石子が言った。

「こういうのはサラダも付いててバエルんよ。」

「バエルからって理由で選ばへんでー。」

石子が、バエルのを選べばって意味で言った訳ではないが、そう答えた。

石子も食べたいもんはランチ以外にあったので、二人ともお勧めランチ系とは違うんにした。w 

 

f:id:babupeikko:20200331222655j:plain

f:id:babupeikko:20200331225111j:plain

石子オムライス。

f:id:babupeikko:20200331225151j:plain

私はロースステーキにした。

「これ、国産じゃないわ。オージービーフやわ。」

石子「文句言わずに。」

「いやー、失敗した。国産ですか?って聞けば良かった。」

「もうお母さんとはカフェ巡りしない。」

安い肉を週に二回食べるくらいなら、月に一回、高くても美味しい肉を食べたい私は、

「臭いわ、臭い。」っと言いまくり。

マイナス発言は、うちの家族には御法度。

ちなみに、うちの家ほど相談相手にならない家庭はないです。

暗い話題したら、総スカンくらう家ですから。

そういうの嫌いな人間ばっかりなのに、言ってしまいました。

石子「お肉専門のお店じゃないんだから。」

「私がいつも行くような店、一回友達連れてってみい。

量も多いし、美味しいし安いね♪ってなんで。」

広島のあの隠れ家のお肉のほうが安いのに、めっちゃ美味い。。。

 

石子が不機嫌になったので、切り替えました。

私「ああ。。。そやね、雰囲気を楽しむ店。わかった。」

けど、食後の珈琲は止めました。

別のカフェで懲りてるから。

 

「お母さんが好きな店に、今度から行こう♪お母さんが楽しそうに食べる方が嬉しいわ♪♪」

「石子がこういう店のほうが喜ぶと思ったから来たんで。」

「人に気ぃなんか使わない人が、しんどい事しな!気ぃなんか使わなくていいんよ。」

「は~い。」(= ̄ε ̄≡ )

小さい頃から、母に合わせて来た石子は、人に思いっきり合わせられる子になった。

相当キツイ姑にも、上手にとぼけて合わせられるだろう。

そんなおうちを選ぶような子じゃないので、あくまで例えだ。w

 

お洒落な店に行くのは嫌じゃない。けど、せっかく外食するなら、美味しいもんを食べたい。それだけだ。

 

高いのにマズイと、凹みますよね。

あんまり気にしない世代とは違うんだわ。

f:id:babupeikko:20200331225634j:plain

 「ばえばえ。」←意味もなく一人で言ってたアホ。

 

オージービーフとメニューに書いとけよ!っと心で思うの巻。

臭いんだーや!っと心で その後も思いながら、少ない枚数の肉なのに、石子に三切れ食べてもらう。w

雰囲気は良いと、雰囲気は最高、海の横で食べれた、雰囲気代払った事にしよう。そう言い聞かせていた。

 

地元民しか来ないとこ、来ないとこへと今後も行くでしょう。

なので、カフェ巡りは今後も続ける予定。

いつか値段と味が一致する店に当たる事を願って。w

コロナが落ち着くまでは、なるべく日本海側に居たいし。

 

ちょっと足を延ばして山口側へ。

f:id:babupeikko:20200331225242j:plain

いつも人多いのに、しだれ桜の八幡宮も、少なかった。

f:id:babupeikko:20200331225323j:plain

こんなに少ないなんて。想像よりずっと少ない。曇りのせいもあるかな。

予報は100%雨だったし。

あれのせいで、屋台も少なかった。

アップルパイ美味しいのに、そのお店は来てなかった。

このあたりのアップルパイは、家庭的で具(リンゴ)も多いし、石子が大好きなんですー♪

リンゴの産地なのでりんごは売ってましたがね。

f:id:babupeikko:20200331225218j:plain

角館に行ってみたいなあっと思いつつ、ここも素敵なのでよく来てますね。

f:id:babupeikko:20200331232721j:plain

花見が終わり、車に乗ったら小雨が。

帰り、国道の下にある津和野に、車がドンドン降りて行ってさ。

国道から見た津和野はピンク一色でした!

津和野の町が桜一色に♪

人多そうなんで、絶対寄りませんでした。(^-^;)

SLは5月いっぱいは様子を見ると。まだまだ延期です。

他の地域はSL走ってるとこありますねー。

JR西は慎重で結構。(^-^)今年はしょうがない。

 

f:id:babupeikko:20200401000509j:plain

 小雨の中、40分待ってたら、ちょっと晴れてきて、曇りの設定にしてたので、白っぽくなっちゃった。ヘ(。≧O≦)ノ

一瞬の晴れ間は嬉しかったけどね。

動画のスイッチを入れて、三脚から離れ、急いでここに戻って撮った。ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

石子は眠たいと寝ていました。

この一本のあとは一時間後まで無し。w

また津和野方面に戻る。w

f:id:babupeikko:20200401001109j:plain

一時間後、新山方面、時刻通り。

強い小雨。結構降って来たけど、撮る時は傘をたたんでパシャッ。w

相変わらず、石子は車でグーグー。

寝ててくれるので、さらに35分待つ。w

f:id:babupeikko:20200401001958j:plain

日が暮れるんで、次はもう暗すぎ。

運転席に戻る。

 石子「ほんと良く眠れたわ~♪」

「私も気兼ねなく撮れたわ♪」

f:id:babupeikko:20200401002334j:plain

「シャリが固い。ごはんまずくない?」

石子「私も、なになにのご飯は固かった。けど、何々のご飯は大丈夫だったよ。」

「マグロのん最悪やったで。おひつの端っこの部分を寄せ集めたみたいな固さ。」

石子「食べれなかったら、ご飯の部分だけ、ここに置いて。私が食べるわ。」

さすがに、この固さは、石子も「黙って食べ。」って怒らなかったね。

昨日の飯かよ!な固さやったもん。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

私、7皿で、もう限界でした。飯まずいと食えないですよ。

 

たっぷり寝てた石子と運転交代。

石子は、土日もバイトを頑張っているので、今日は子供孝行のつもりでしたが、きっと親孝行で付き合ってくれてたんでしょう。(^▽^)