バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワスポ巡り、オークションの補足、日々感じた事、鉄道、好きな物の雑記。

虫郎。

とある王将にて。

スナフキンと二人で注文するため、

メニューのタッチパネルを順に見て行く。

何度も店員さんがウロウロしに来た。

すでに15分経過。

やっと決まって注文!♪

「注文をお伺いしましょうか?」

私「いえ、もう注文しました。」

店員さんがいなくなってから、「ちょっと、いつまでも触ると、注文に手こずってると思われるから(すでに手こずったけど)触るのやめえーや。」

 

スナフキンがメニューを開くジェスチャーをしながら「こういうのが無いから、メニュー見たいじゃない。」

私「そうやね。あれなら一発で単品とか見れるけど、これは無理やもんね。」

 

さっきの店員さんが来て、慣れた手つきでタッチパネルから注文履歴を出し、

(〃^∇^)「餃子ひとつしか注文されてないです。」っと。

 

「注文してないですか?してないですか?」っと、注文履歴画像を見たら、餃子 1。

慌てて、自分の注文を打ち込み、「スナフキンはなんやったけ?」

「大阪ちゃんぽん。」

 

麺類をタッチして、打ち込み、終了。

 

さっきは最後に押したのが餃子でした。その時は確認画面なんか出なかった。

今度は最終でちゃんと注文した画面になり、確認してから注文を押せた。

どっかで確認のとこが飛んだんかな?

あ、結局、キャンセルになってるのかな餃子はっと思っていたら、

「お待たせしました。餃子です。」

「早っ!」

「最初のひとつは焼いてましたので。」(〃^∇^)

f:id:babupeikko:20181111233131j:plain

「私の定食についてるのをあげる(返す)から、ちょっと食べさせてね。」

(一個食べた後の画像です。)

スナフキンは相変わらずタッチパネルで他のメニューを見ていた。

私は猫舌じゃないので、パクパクと。

 

だいぶ食べてからの画像です。↓

f:id:babupeikko:20181111233525j:plain

スナフキン「デカッ!これ大盛じゃないんか?」

「大盛り押しとったんかな。」っと注文履歴を見たら普通。

確認してる間に、もう店員さんに「これ大盛じゃないですか?」っと聞いていた。

(〃^∇^)「大盛りじゃないですが、ここは量が多いように私も思います。」

私にスナフキンが言った。「大盛にせんで良かったわ。これで普通なら大盛はどんな量になるんだ。」

今度は私がタッチパネルでメニューを見て、定食が来るのを待っていた。

メニューの画像をタッチしたら、画像が大きくなると思っていたので、

何回も大きくなるまでタッチし続けた。

なんや、大きくならんのか。

 

(〃^∇^)「ムーシーロー 5つ注文になってますが。」

「えぇええ!」っとまた注文履歴画面を確認した。←履歴出すのだけはなぜか早い。

「あら?すいませ~ん、間違いです!!」

どうも何度もタッチしたのを注文してしまったようだ。また確認画面ワープ。

注文したと思った時は出来てなくて、注文してないものは注文されて、

タッチパネルどんだけあかんねん!

f:id:babupeikko:20181111235139j:plain

 

なんともイリュージョンな店でした。