嫌な空気だったはなし。

まず初めに。

うちで原石やブレスを何度も買ってもらってる方は、

うちの石と相性がいいと言う事です。

私が作ったブレスが、相性が悪いのがあるはずはありません。

どういう意味?

同じ人が作ったブレスで相性もくそもないと言う事です。

一緒に着けていいですか?は、令和になってもあるある質問なので、今一度書いておきます。

 

さて、今日聞いて欲しい話を書きます。

 

9年前、お相手は大学生でした。

美人さんで、なんと原石が好きと。

滅多にいないので、意気投合し、色んな話をよくしたものです。

ある日の事。

彼女をSちゃんとします。

Sちゃん「オケナイトって黄色もありますよね。」

「はあ???ないよ。」

「私持ってますよ。」

「いやいや、染めよそれは。」

彼女は信じたくなかったんでしょう。ショックを受けますもんね。

大きな原石と言うので、余計ショックだもんね。

 

その後、一度会った時「あーーー!!!」っとハグしたもんでした。

 

そして、この一週間以内に、9年ぶりに彼女と再会したのです。

 

名前は憶えてなかったけど、黄色のオケナイトの子やーっと思いました。w

「今も黄色のオケナイト持ってるん?」

「はい、子供が触ってズボズボと穴が空いてますけど。w

見てもらえます?」結婚して子供もいる。月日を感じた。

 

別に急いで帰る用事もなかったので、彼女の家に行ったさ。w

 

やっぱり、めっちゃ染めのふわふわで、でも綺麗に染まってて笑いました。

それ以外は、問題なし。

ただ、彼女の部屋に入ってから、速攻で頭痛がし、両方のコメカミが痛い。

あ、これは我慢したら、あとあと薬効かん系のやつや。

久々にセデスと胃薬を即飲みました。

15分で効いたけどね。

 

今日の一言。

「頭痛薬は、飲むタイミングが大事です。」

 

ワテ「この原石私も持ってる。可愛いよね。」

Sちゃんが言うには、O県に旅行に行った時に、店主の20年越しのコレクションを譲ってもらったと。

また私は彼女から驚かされる事になったんです。

「この石は、20年前には無かった石よ、何年に発見された石だからね。」

(@_@)「えーーそうなんですか。」

「20年前にはないない。まあいいじゃない。本物には違いないんだから。」( *´艸`)

Sちゃんは、そこでブレスも作ってもらったと見せてくれた。

あ!これやー。私の頭痛は。

彼女には言わなかったけど、私とはとても相性の悪い粉を固めたビーズでした。

これが発するエネルギーは、ほんと嫌。マスクごしでも呼吸するのも嫌やった。

 

 

去年の9月に、友達ではない顔見知りと言うか、長年の知り合いに、自分に合う石を教えてと言われた。

その人は、私がブレスを作ってる事は知っていた。

私がブレスを着けてるので、興味のある人は、どなたに限らず声をかけてくる。

その人も、そんな中の一人でした。

 

合う石を言うよりも、合わない石を言うほうが早いので、この石とこの石だけは避けるといいよと伝えた。

 

何百とある種類のたった二つを言ったのに、よりにもよって、その人が作ってもらったと言うブレスに、その二種類が両方入っていたのだ。

 

そのブレスを、もちろん私は見ていない。ブレスを作った事すら知らない。

ただ聞かれたので答えたのである。

 

その場は、とても嫌な空気になった。w

 

10月に彼女と会った時、一切ブレスの話は出なかったけど、9月はブレスを作ってと言われていたのだ。嫌な空気と私は思っていたけど、彼女は作ってと言ってきた。

 

11月に会った時、神在でほんとは出品したいとこやけど、忙しくてそれどこじゃないと言った。

それ以後、なにも言ってこなくなった。

私は、私が作るよって、こちらから言ってないし、そもそも作る時間もなかったからね。

聞かれたから答えただけなのに、なんか私から買えばって思われたかなって、結構気にしてたんよね。w

 

こういうお話でした。

実話ってオチないんですよ。ドラマや映画みたいに、凄いオチとか無いの。ごめんね。w

 

 

ただ、騙して売る輩がいる事で、帰りに運転しながらため息が出てね。

なんか虚しくなった。

20年来のコレクションとはね。。。。

 

その可愛い石、ノリで出品します。

Y県の、しばらくお仕事をセーブするのがいいですよっと言う鉱物女子さんと、娘さんが高校合格された、鉱物女子さんの2名様だけがお持ちの原石です。

今回3個目の出品ですが、3個目にして、もう最後となります。

 

色も濃いいし、めっちゃいいです。

f:id:babupeikko:20210405171209j:plain

ラストです。