バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワースポット巡り、温活、田舎暮らし、日々感じた事、好きな物の雑記。

デコちん、後編。

パラレルワールドを見る方法は、確かにあります!

食べ物も関係します。

習慣、行動も関係します。

行動は以前に別のとこで書きましたが、普段から色んなもんに興味を持つ事などなどです。

研究者のよるところの脳下垂体を刺激して良いんでしょう。

適当でごめんなさい。でも自分がそうなんで確信してるん。刺激は必要だとね。

そういう他の事は、また書きたくなったら書きます。

今回は、楽しい不思議空間のお話ですから。

 

f:id:babupeikko:20170326152422j:plain

段々、無理があると思えてきた。w

お絵かきはここまでにしよう。www

黒く塗ったところ=デコちんで見てるのだけれど、狭い狭いとこで広い空間を見ている訳です。

もうどこまで広がってるかわからない広さ。

 

そして、それは、普段見てる目線とは全然違います。

未来都市や宇宙空間の画像、アニメに、色は近いもんがありますが、

動きや目線が全く違うのです!!

 

では、どう見えてるか、初めて書きます。

 

金魚のいる水槽に、自分が顔を入れたと想像して下さい。

 

しましたか?

 

距離はその距離です!!

 

近いでしょ~~。金魚のいるところですよ!

ほんの目の前にパラレルワールドはあるんです。

 

デコちんで見てる(第三の眼が開いてる。)人いますか?

私の言ってる事、わかるでしょーーー!

 

ここで、検索して思った事を挟みます。

見るのは怖い事なんで、やめたほうがいいですよ。>こういう事書いてる人は大ウソつき。

霊的なものを感知。>霊的なものとか言ってる段階で、すでに嘘。

静寂感に包まれていく。>包まれるような時間はないので嘘。

眉間がムズムズする。>こういう人はいるのかもいれない。

私の場合は、ムズムズした事は一度もない。眩しいと感じる事はよくある。

目をつぶっているけど、めっちゃ今 目を開けたら相当まぶしいんちゃう?って言う事。

実際に目をあけてまぶしかった事は一度もないんだけど、目を閉じるとかなりまぶしい。

そのまぶしい光は、大きかったり、動いてたり色々で、カラーも様々。

無になる。(自分までは消さないでね。w)>これは絶対です!!

無になる為に、瞑想したり色々してみるように、結構書いてありますが、

無になろうと意識してるうちは、出来てないって事ね。

何かに集中するのはいいけど、集中してるって事を意識してる状態は、まだ出来てないって事。

瞑想は安定させるのにはいいけど、瞑想してるしてると意識があるうちはダメ。

無意識なら成功してるって事。

 

≪無は、考え事をしない考え事をしないと思ってるうちは、まだ無の状態じゃない。≫

 

この辺は長くなりそうなので、最後にわかりやすく書き、私の見てる映像(画像になりますけど)行っちゃおうか。w

f:id:babupeikko:20170326154513j:plain

一番多いのがこの色です。

宇宙やんって単純に思うかもだけど、星が輝いてる訳じゃないです。

ただの星空ではない!!もっと黒に近い紺の時もあるし、藍色の明るめの時もあります。

ただ雲は一切出てこない。雲は見た事がないです。

この背景に、色んな見た事ない形のもんが個別に浮かんでるん。

今回は鉄塔みたいなんを見た時の画像を探してみました。

f:id:babupeikko:20170326154639p:plain

f:id:babupeikko:20170326154654p:plain

これではもちろんないけど、一本一本が自転していて、輝いてるん。

そして、こう見えるんじゃなく、私たちが普段見れない視線なんです。

f:id:babupeikko:20170326154916j:plain

鉄塔みたいなん(何かは今でもわからない)を真下から見たり、斜め上から見てるん。

絵の右みたいな、かわらん生物も動いてる。

こういう毛虫みたいな形を見ただけで、私たちは前に進むと思い込んでしまいますけど、

遊園地の乗り物ように複雑な動きで、決して毛虫歩行ではありません。

まず毛虫じゃないしね。w

もっと実際はいっぱいで、光っていて綺麗です。

自分で見たもんを、全部ネットから拾う事は無理であった。お絵かき再び。w

 

f:id:babupeikko:20170326155153p:plain

こんな風に決まった整列はしてないけど、いっぱい個々に浮かんでいて

ヘタな絵のとおり自転しています。

f:id:babupeikko:20170326155404j:plain

こんな風に固まってないけど、色はこんな風にピカピカで綺麗です。

f:id:babupeikko:20170326155458j:plain

やっと一枚拾ってきました。

絵はだいぶ違うけど、視線が真下からなんで、採用。

一番違うのはスピードなんですけどね。

f:id:babupeikko:20170326155733j:plain

ラピュタ系で言うとこれを真上から見たり斜めから見たり、

CGになってる視線とは全然違います。

三次元で見る視線とはまったく違うのです。

そしてスピードは、飛行機から顔出した時みたい。

絶対飛行機からは顔出せないけど、例えるとそんな感じ。w

 

パラレルワールドでは、自分にいい具合のスピードには出来ません!!

 

これ、想像以上に最初びっくりしますよ。

f:id:babupeikko:20170326160135j:plain

止められないの。絶対に。

スピードだけでなく、全ていじくる事は出来ないんですけどね。

異空間に合わせる事は出来ないので、慣れるしかないです。

そこはパラレルワールド

三次元感覚でいると、息しにくいと思うでしょう。 

 

f:id:babupeikko:20170326160318j:plain

デコちんで見えるものは、本当に見た事がないもんばっかりです。

f:id:babupeikko:20170326160404j:plain

これ止まってますけど、 デコちんで見る時は、

こういうわからんもんが、想像できない動きをしています。

 

後編で勘違いして欲しくないとこ。

・鉄塔の画像にしてますけど、見た事ない鉄骨みたいな重さのある棒みたいなもんなんで、鉄塔じゃないって事。

ラピュタ系も我々地球人が想像出来るレベルではなく、

画像のように、単に横から見える単純な構図は一切出てこないと言う事。

宇宙人から見た目線って言えばいいのかな、異空間は。

 

私自身もまだまだ修行の身ではありますが、(●´Д`●)ゞ

石と縁を紡いで下さった皆様にも、目ではなくデコチンで感じたり見て欲しくて書きました。

 

アメーバ―みたいな先の読めない動きをする生物など、これですって言う画像がある訳がない。 

最初にイメージに合う画像を準備したけど、書いているうちに

足りなくなったり、無理があり、結局描いたり又探したりで疲れました。w

 

開花させようとか、鍛えようって言うのには賛成。

 

ハッキリ言える事は、悟りの境地に近づいた人でないと難しい事と、

開花してる人は、直感が鋭く、物質的なものへ執着しないと言う事。

イイ意味で無関心。変にテンション高かったり低かったりがなく、

多数決とかどうでもいい、流されず意思も強固。

 

そして、開きたい開きたいと思ってる人は、開いたらどうしたいの?

なぜ開きたいの?

開いたら楽しそうだから?

 

開くための様々な条件をクリアーせねばならない現実は置いておいて、

高次元とつながると、こうなるんです。

自分の考え方をしっかり持ち、こういう考えで生きています!っと

自分自身と向き合えるのです。

 

馬鹿に合わせると喧嘩が起こる。

同じレベルで遣り合うと、馬鹿が二匹になる。

馬鹿は捨て置け。

人にも物にも執着するな。

どんだけ大事にしていたものでも、壊れてしまったら、しょうがないと思え。

 

こんな風になるんです。これは私だけか。w

 

今回、ほんの一部、こんな風に見えるんですよっと言う事を

初めてお見せしました。

 

かなーーり不思議な世界と言う事が、わかっていただけたでしょうか。

見た事ないもんが、すごいスピードで動いている。

重い鉄塔のような棒でも、軽々浮かんでいる世界。

パラレルワールドに入るには、条件が必要。

小さい事は捨て置け、気にもならんぐらいに達すると、

周囲の争い事自体が耳に入らなくなる。

イイ意味でドライ。淡々としてるけど、決して冷たいのではない。執着しないだけ。

 

一つでいい。師匠的石を傍に置こう。

人間的成長を促す、しっかりした原石を身近に置いて空間を共有してみて。

 

最後に。

究極の無の状態は、気絶に似たもんがあります。

気絶は意識が無い状態ですから、気絶寸前が私の言う無に一番近いです。

気絶寸前に霊が。。。とか思いますか?(霊を見て気絶ではなく。w)

気絶は意識が飛ぶ訳で、それぐらいなんも考えない状態がです。