バビブベばぶちゃん

天然石、パワスポ巡り、オークションの補足、日々感じた事、鉄道、好きな物の雑記。

古代より幸せを運ぶ精霊とされる獣型勾玉です。

触ってみて~~~~っと、こみ上げてくるもんがあり、

予定には、まったくなかったのですが、マイコレから

特別に出しました。

やっぱりすぐ売れると嬉しくなって、

つい出してもいいかって、笑みと同時に気が緩みますわ。w

 

私は、勾玉になるために、この世に出てきた石と思っています。

装飾(古代風に言ってみた)として付けるのに、ピッタリと思います。

加工で出た、端っこと言うとなんですが、加工で削った後に出た石が

主に原石として売られているのかなあと。

あくまで勾玉がメインではなかろうかと。

勾玉に出来るのは、当然濃いカラーの美発色部分のみですから!☆

 

質感と言い、深い深い、安もんくさくないカラーと言い、

石が好きな人なら、みんな惚れる勾玉でしょう。

 

中身詰まってます!!ってぐらい重量感があると

私は思います。

このカラーは、ほんと独特で、他にはない青めのうです。

 あっちの水は 苦いぞ~、 こっちの水は 甘いぞ~♪

なら、

あっちの色はう~~すいぞ、こっちの石は、お~もいぞ~。

あれ、一度に二つ歌おうとしたら、ちょっと変になったかえ?

とにかく、美発色で切っても切っても青の金太郎飴で、

他のめのうと比べても、出雲石のほうが重いように私は感じます。

 

実際、天皇家三種の神器のひとつ、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は

どっしりな重量感だそうです。

歴代の天皇皇位継承の証として受け継いだ宝ですからね。

立派な勾玉なのは、容易に想像出来ますね。