バビブベばぶちゃん

いしやさんの好きな物の雑記★-Sarlahcristallo-★https://auctions.yahoo.co.jp/seller/sarlahcristallo

鳥取までその1。夏至編!

一年で一番日が長い夏至の21日。

正月に撮り鉄をした若狭鉄道に乗りに行って来ました。

f:id:babupeikko:20200623175705j:plain

f:id:babupeikko:20200623175901j:plain

水戸岡デザインは、くま川鉄道と同じ。なので似てますな。

f:id:babupeikko:20200623180450j:plain

郡家駅

f:id:babupeikko:20200623180702j:plain

f:id:babupeikko:20200623180726j:plain

一日フリー切符を買いましたが、次の列車まで一時間半とか、待つの無理。

途中の隼駅などで20分停車とかにしてくれたらいいのになあと思いますね。

途中下車は勇気要るわ。

なかなか次の列車まで二時間待ちとかなら、カフェで時間潰したりしても、キツイです。

観光列車の趣なのだから、地元の人の足としても、ここの駅で4分停車とかしてくれたら、写真だけでも撮れるのに。

隼駅は、冬季は買い物出来ないけど、開いてました。

色々駅のグッズとか売ってるのに残念。

若狭駅もグッズ売り場は無くなって、カフェになったと、事前に問い合わせした時に聞いてました。

なので知ってましたけど、なら隼駅で若狭鉄道のグッズも置くとかしたらいいのにね。

観光客が多い時は、車内販売もしたらいいのになあと個人的に思いました。

f:id:babupeikko:20200623181426j:plain

 ショッピングセンターの中に作ってある店じゃなく、ほんとに商店街にあるお店で、レトロな雰囲気が良いでしょう。

f:id:babupeikko:20200623181444j:plain

写真撮っていいですか?でOKだった店内。

昭和なら、買い物かごは無かったね。

手でお菓子を持って、10円渡したら良かったもの。

まとめ買いなんかしなくても、我が家の隣の隣が駄菓子屋だったので、何度でも買いに行けた。

f:id:babupeikko:20200623181505j:plain

地域の子供たちも買い物に来ていて、こういうお店がある環境、素敵ですね。

f:id:babupeikko:20200623181530j:plain

f:id:babupeikko:20200623181559j:plain

前に来た時は、たまたまお祭りで、それはそれは賑やかでした。

神輿や、ほうねんさんと言う、子供を怖がらせる人?もたくさんいました。

 

ぶらりと町歩きしたので駅に戻ります。

f:id:babupeikko:20200623182156j:plain

食べ物屋さんでテイクアウト。

やきとりじゃなくやきどり。

「ま、丸々一羽のやき鳥だから、や、やきどり、な、なのかな?」

f:id:babupeikko:20200623182551j:plain

駅の構内で、このように、ほんと改札の横がカフェ。

あっちゅう間に売り切れると言う大人気のハンバーガー。

ありますか?っと聞くと、ちょうどいま2つ出来たばかりと。

若狭ブレンドも注文。

その場で豆を挽いてくれる。

待っている間に私が言う。

「若狭って響きが綺麗だから、カッコイイですよね。

これが、〇〇〇ブレンドなら、ダメ。」←〇のとこは、日本で多い名前とか入れて下さい。

 

店員さん、めっちゃ喜んでた。「確かに~。」っとウケまくりであった。

f:id:babupeikko:20200623183139j:plain

わかさかふぇのWAKASAブレンド

美しい名前に惹かれて買ったけど、めちゃくちゃ美味しかった!!

そして、若狭バーガーも、ほんとに美味しかった。

これは一人買ったら、美味しいから、仲間も買うわ。

f:id:babupeikko:20200623183359j:plain

f:id:babupeikko:20200623183517j:plain

普通はこういうの甘いのに、甘くなくて私好みだった。

ほんと何度も何度もたれ付けて焼いたっぽい、しっかりしみ込んでて美味しかった。

お弁当は予約制とのことで、観光客には宣伝ないとわっから~ん食べ物屋さんでしたが、このやきどりで、美味しい料理出す店とわかりました。

が、この日、ちゃんと食べれたのは、この一回のみだったのです。

f:id:babupeikko:20200623184545j:plain

f:id:babupeikko:20200623184853j:plain

鳥取駅近くの市場。ここで海鮮もん食べたかったけど、おなか全然空いてなくて、やんぴ。

駅前をうろちょろし、乗りたいのが来るまで時間を潰し、倉吉まで行きました。

f:id:babupeikko:20200623185155j:plain

倉吉、かれこれ25年ぶり。w

f:id:babupeikko:20200623185422j:plain

特等席。やったー!!

f:id:babupeikko:20200623185822j:plain

f:id:babupeikko:20200623190045j:plain

倉吉は、大きなバスターミナルがあり、次々にバスが来るので観光しやすい。

タイ焼きの看板があったので、「桜あん一個下さい。」

お店のおじいさん。「一個?」

「はい、今歩きながら食べたいので一個でいいんです。」

ふと下を見ると、金魚のようなタイ焼きが。。。

f:id:babupeikko:20200623190223j:plain

5個入りの二段重ねだった~~。

私「うーん。これは色んな味を買ったほうがいいのか。」

ここは醤油を作ってる町なのである。

私「しょうゆのタイ焼きももらおうか。」

おじいさん「あずきがいいでしょう、旦那さんは。」←勝手に、あずきを選んで袋に入れる店主。

旦那のほうを見て、あずきがいいでしょうって、あずき欲しそうな顔でしたか。w

 

なんか、もう残るの嫌で買って欲しいオーラかと、おかしくなり、

「じゃあ、3つ(桜あんと醤油とあずき)で」っと言った。

おじいさん「600円でいいよ。」

「ありがとうございます!」

 

400円×3つで1200円出す気満々で3つと言ったのに、半額にしてくれた。

いや、2つ買っていても、800円だし、あずきを選んだのは、最初からおまけのつもりで選んでくれたんだ。

おまけねっと言わず、800円でもなく、600円!って言うのが気持ち良かったね。

私も、普通のタイ焼きのサイズと思って一個と言ったから、予想以上に多くなったけど、ラッキーでした。

チベットブレスはイイ事あるブレスですから。(≧◇≦)

 

お茶、珈琲サービスのポップには目もくれず、言われるまま買おうとする客には、ちゃんとサービスしてくれるのね。

f:id:babupeikko:20200623191711j:plain

タイ焼きというより、お餅でしたが、一個ずつ食べ歩きしました。w

f:id:babupeikko:20200623191948j:plain

ここが5時までだったんで、先にここを見学。

f:id:babupeikko:20200623192038j:plain

この後、高台のミニ動物園まで行く。

f:id:babupeikko:20200623192422j:plain

f:id:babupeikko:20200623192450j:plain

もう猿山は綺麗に洗ってあり、おりのほうに移されていた。

f:id:babupeikko:20200623192516j:plain

白孔雀も、奥に移動させられていた。

他ヤギとか、全部奥に。

しょうがない。でも見れたからいいや。w

また駅までバスで戻る。

f:id:babupeikko:20200623193112j:plain

駅の横の土産屋には、もう弁当も売り切れでなかった。

駅弁欲しかったのになあ。

駅前はお好み焼きとかラーメン屋ぐらいしかなく、結局、コンビニでおにぎりを買って食べた。夕飯は、スーパーによって、家で夕飯を食べたのであった。

ごちそうは食べれなかったが、私達夫婦には、飢えは無かったぞ。

おなかが空いた時は、ちゃんと食べる物があったからな。

f:id:babupeikko:20200623193843j:plain

28個のタイ焼きがあるんだからな!!!

f:id:babupeikko:20200623194133j:plain

おじいさーーん!!もちが蓋に引っ付いてしまってますよ~。

半分だけ引っ付いてるのもありますよ~。

f:id:babupeikko:20200623194315j:plain

これ、絶対焼いてない。

タイ焼きじゃなく、タイ餅にしたほうがいいですよ~。おじいさーん。

f:id:babupeikko:20200623194639j:plain

ドラえもんのようなモチモチの指と、もちもちのタイ焼き。w

f:id:babupeikko:20200623194808j:plain

中海に沈む夕日。

f:id:babupeikko:20200623195107j:plain

サンライズ出雲の乗客も美しい夕日を撮影していた。

こうして夏至の一日を満喫したのでR。