★バビブベばぶちゃん★(*>▽<*)ゝ

★いしやさんの雑記★

つるんとしたのに憧れるが、凸凹した卵も可愛いで~♪

今日も暑いですねー。

31度のお昼です。

夏本番までクーラーを入れない人もいらっしゃいますが、27度、28度設定で、クーラー入れたほうが、梅雨時期はしんどくないですよ。

一番湿度が高い時やからね。

 

除湿のほうが電気代かかると聞いたよ。ほんまか知らんけど。

 

なので、頭痛、肩こり、神経痛などが出てる人は、我慢せずクーラー入れましょう。

体調不良で、パフォーマンスが下がったり、薬飲む羽目になるよりイイで~。

 

暑いのに全力疾走。

スーパーから出て来た50代ぐらいの男性の買い物かごから、飛んできたもんを拾ってあげた。

飛んで来る瞬間から、マイバスケットの上の紙で、「清算済み」って書いてあるただの紙なのはわかっていた。

けど、ワテのほうに向かって飛んで来てるんで、斜め横にダッシュし、見事キャッチ。

 

別に必死で取らなくてもいいもんでも、なんかトッサに人間は行動してしまいますな。

 

暑いのに、うずらの卵を茹でる。塩もちゃんと入れてるよ~。

弁当に入れるのはまあまあ綺麗にむけたんを入れ、ちょっとだけ変なんは、旦那に食わせる。

 

旦那「ちょっと。。。」

 

「なに?なんか文句ある?」

 

旦那「いや、まったくありません」

 

「(これ)丸のみするの?どうせ噛むんでしょ?口に入れたら一緒やん」

 

これぐらい普通でしょう。痛くもかゆくもないやんなあ。

しろみが殻に引っ付いてるやつを、ほじくって私もちゃんと食べてるしー。

 

アボカドとアボガドとあほがどな私。

お題「好きなシリーズもの」

 

工場じゃなく、個人で作られてる豆腐屋さん。

めちゃくちゃ美味しいんよ~♪

高級食材や、コース料理より、私は一丁140円のこちらの豆腐のほうがいい。

なによりヘルシー!

遠いけど、買いに行く価値がある。

 

もう一か所、豆腐作りのプロのおばさんがいる。

水曜と土曜のみのお店。

近所の人は、ボールを持って買いに来る。昭和っぽい光景を見られる場所。

鍋に入れると、すっごくふわふわして、出汁も吸って、やられたーってなる。

どちらもお年を召していらっしゃる。

後継者がいないかもーな感じ。若い人見た事ない。ひとりでいつも売っているから。

だからこそ、高級料理より希少。食べれる時に食べておきたい。

 

あるものを無性に食べたくなる時がある。

固いのをなるべく選んで買う為、買ったその日に食べれない。

すっかり忘れて、あ!っと思った時にはいつもこれよ。

avocadoの英語表記を見る限り、アボカドが正しいようやね。

ほんとあほがどなワテ。けど、今後も、柔らかいのを選んで買う気がしない。

ちっこんのんばっかり入った袋入りは、熟れても固いとこあってん。

なので、やっぱり一個売りがええわ。

 

「食べたんですか?」

「食うかー。w」

初めて紹介する、ポニーのくーちゃんです♪

くーちゃんはおとなしい女の子。

額を撫でさせてもらうだけで、凄く癒されます♪

個人で飼われてるん。牧場ちゃうねん。

体温を感じられる動物は、ほんと癒し。

 

馬で通勤したら、CO2 排出削減するね。

携帯電話と飲酒運転は、お馬さんでも違反になるので気を付けましょう。

誰に言うとんねん!

2024年後半のブレスを出品しました。

おひとり様のみ、修理分と同梱があります。

なので、それ以外のに、いつも通りお好きにご入札くださいませ。

 

後半も運気を上げていきましょうね!!

 

これから、おひとりおひとりへのご説明文を 終了日までに必死のパッチで仕上げます。

なので、終了時間までお付き合いくださいね。

 

そうそう、収集した鉄道ものやアニメグッズがクローゼットで幅を利かせてるので、w

一部放流する事にしました。

 

パワーストーンのお客様は「あ、そうなのねー」ぐらいで気にされず、今月もどうぞよろしくお願いいたします♪(^o^)丿

 

しっかり浄化してきました!☆

きっちりと年間行事に入ってる神社は、時間厳守ですなあ。

時間があったので、急所、蕎麦を食べる事に。

地元産の蕎麦の実で作られた蕎麦。いつもの店。

まだ時間があるので、海を見ながらお茶をした。

2時になったので、そろそろ移動。再び神社へ。

神社到着時間。時計を見ると14時14分。いーよ、いーよやー。

パラパラと少し雨が降って来た。

ゆっくり浄化出来る別のお宮さんへ移動。

その前にガソリン。

レギュラー184円。年中談合価格。( TДT)

人もいなくて、ゆっくり浄化出来る♪

旦那は巾着じゃなく、手袋がいつも巾着代わり。w

彼なりに自分のブレスを大事にしている。

三回、カバンと回って、しっかり浄めました♪

皆さんの幸せも祈願してきました!!

 

カバンを担いで登るのも大変やけど、下りも大変なのだ。

気の利かん男なので、当然、自分の手袋巾着だけ持ってトットと降りて行かれました。

「カバン持って~」と言えばえかった。(^o^)

 

31度。

ここに来る時期は暑いか雪で寒いかのどっちか。w

けど、小雨もすぐ止み、傘要らずで良かった♪

 

今?

よく降ってるでー。

ベトナムの8番らーめん。

 

日本の企業が、海外でも頑張ってるってイイよねー♪

石子さん、無事に帰国。

17歳ぐらいにしか見えず、ベイビーと言われていたらしい。

 

石子は童顔なんで、カンボジアに向かう列車で、向かいに座ったおじいちゃんが、「一人じゃなく誰かと周ったほうがいい」と、どんな話をしても最後には必ずそれを言ったそう。w

実際、列車の中で、次々とカンボジアの男の子がしゃべりかけてきて、それにもおじいさんは怒っていたそう。w

車内販売もどきで、バケツにお菓子などを入れて売り、生計を立てている人から、おじいさんがなんか買って、「ほれ!」っとお菓子をくれたそうだ。

初めて見るお菓子。なんの素材なのか調べて、フルーツが入ってるとわかり、そのフルーツの話しながら食べたそう。

 

そのタイ人のおじいさんは、石子が降りる駅の少し手前で降りられた。

石子は、列車の中でも色んな人と喋りたいと思っていたので、最初お爺さんかーっと思ったそうだが、めっちゃ心配してくれてイイお爺さんじゃないか!

「あまり笑うな」とも言ってたそうで、愛想よくするなと言う意味であろうな。

 

 

隣の席にいたカンボジアのお姉さんが、国境の駅で一緒だったので、「ここを通るのよ」とか教えてくれて、とっても助かったそう。

おじいさんが降りられてから、しゃべっていたそうだ。

その駅から雰囲気がガラリと変わり、色々大変だったとの事。

日本のパスポートのほうに行かねばで、お姉さんとはそこで別れた。

なんでも石子の顔は、あちらの国で想像するまさに日本人の顔との事で、いっぱい声をかけられたらしい。

また、ひとりで子供が旅してるようにしか見えないとも。

お姉さんが一緒に写真撮りたいと言ったので撮り、自分も一緒に撮りたかったので撮って、バイバイーっと。

珍しい外国人が石子のほうですからね。w

 

お姉さんと別れたあとの通路で、別のタイ人のおじいさんが、「先に行け」と石子を先に通してくれた。

おじいさんが、ジェスチャーで、「パスポートをそういうとこに置くな(盗られるから)」っと、早速教えてくれたそう。

続いて、メモ書きを石子に速攻で見せてきたそう。

「携帯も見せるな!盗られるぞ!」

凄いとこ。石子、親切なおじいさんがいてほんと良かったなぁ。

 

ベトナムでは留学中仲良くなったお友達が、バイクでホテルま迎えに来てくれて、カフェに行ったりして、沢山おしゃべりしたと。

観光は翌日出来るからいいわと思っていたそうだ。

翻訳機を見ては二人で笑い、翻訳機を見ては二人で笑いの繰り返しだったそう。

 

翌日は、なんと前の職場のクライアントさんの息子さんがベトナムで商売をされているので、観光案内をして下さりお土産も買ってくれたそうだ。

前日、排気ガスで喉が痛くなり、のど飴を買ってたので、翌日車で良かったと言っていた。w

お友達は、現在デザインの仕事をしていて、やっぱり休んで会いに来てくれた。

話を聞いていて、わざわざ来てくれたと言う友人の気持ちは、日本と同じ感情を持っている国なのだなと思った。

 

ベトナム滞在中、石子にこう言った。

「バイクの後ろに乗って、カフェ行ったり、買い物したり、オードリー・ヘプバーンの映画みたいやんか!相当仲良くないと、自分の息子に石子ちゃんを案内してねとか、普通そこまでせんと思うでー。ほんま良かったなあ」

 

話を雰囲気がガラリと変わった入国後に戻します。

カンボジア入国後、目的地まで数時間、またバスに乗った。

その時に仲良くなった女性が日本人で、一緒にアンコールワットで写ってたのは友達じゃなく、前日バスの中で知り合ったお姉さんであった。

「あなた日本人?」「はい」「明日どこ行くの?」「あさってには、ベトナムに行かないといけないので、明日アンコールワットに行きます」「じゃあ私も明日アンコールワットにしようかな」

世界旅行中のお姉さんも、まさか日本人とアンコールワットやキリングフィールドを周る事になるとは、夢にも思ってなかった事でしょう。

 

後で知った私は「前日に知り合った人やったん!日本人に見えなかったわ」っと、現地の友達と思っていたので驚いた。

 

バスで会った日の夜ご飯と翌日の夜ご飯まで一緒に過ごし、お姉さんもとても楽しかったと言ってたそう。

キリングフィールドで、感想をすぐ誰か言えたのも良かったと言っていた。

ほんまやなあ。なかなか一人で背負うにはキツイわなあと私も言った。

一人旅だけでも十分変わったと思うけど、さらに人生観、変わった事でしょう。

 

「私はすっぴんだと学生に見られるから、なめられないようにちゃんと化粧もしてた」と石子が言った時は吹いた。天然過ぎる。

「もう化粧してるしてないじゃなく、若さは隠せないんよー」

ほんまオモロイわー。

 

 

帰国後、「身体バッキバキ」と。

「そりゃあ飛行機の後、長距離バスやもんな。ストレッチしいやー。

今日はもうなんもしな。コンビニで🍙でも買って、日本食食べて早めに寝るだー。

ベトナムで)石子ちゃんを案内したってぇ!行きたいとこ連れて行って、食べたいもんのお店も連れて行ってあげてーっと、もう話出来てやんやろう。なので、今帰りましたって、そのご夫婦にもお礼言っておくんやで」

「楽しかった♪」っと言ってたので、良かった良かった♪