バビブベばぶちゃん

いしやさんの好きな物の雑記★-Sarlahcristallo-★https://auctions.yahoo.co.jp/seller/sarlahcristallo

石子熱唱!!!

夏休みの石子が、みんなのうたの米津バージョン「パプリカ」を先週初めて聞いた。

 

歌の上手い石子が自分で言った。「あれ、今オンチだったよね。あれ?わからなくなった。」

二人で爆笑!!

 

石子は、それまで、10代の声にふさわしい歌い方で、可愛い声のパプリカだったのに。

 

 

ここで、少し時間をさかのぼって、石子が高1の時の事。

部活で、ウィ・アー・ザ・ワールドを歌っていたら吹奏楽部の高2の先輩に、「石子ちゃんキャラ変わってる!」っと笑われた事があった。 

 

当時、よく私が部屋で流していたからな。

確かに、石子は、1分47秒あたりで、突然気合が入り、2分14秒には、もう完全に「どちら様でしょうか?(・・?)」になっていた。
2分43秒に再び登場するマイケルから~3分17秒のピークあたりまで、完全な物まね状態であった。

太い声や高い声と使い分け、完全に「誰?」 っとなってましたわ。w

そして、米津バージョンがTVから聞こえてきた後!!!

前日まで普通に歌っていたのに、米津っぽくなってしまって、熱唱系の歌い方にガラリと変わったのです。

石子「ユメうを、えがーーいたなら~~~♪」

私「歌い方のクセが強いっ!」

石子「はーぁうっれた空にぃたーぁねーをまっこ。」

私「いや、歌い方のクセが強い!!」

石子「ぎゃはは。千鳥じゃん。」

私「ほんま、歌い方のクセが強いっ!!!」

石子「はれるーや、夢をえっが~~~~いたならー。」

私「たかい、たかいーー!!高すぎるぅー。ユメ魚(ウオ~)って外人みたいな発音になってるやん!歌い方のクセが強いっ!!」

 

もう、小さい子が歌ってたバージョンは、まったく歌わなくなった石子であった。

( そっちも歌うと、米津バージョンのほうが、今度は音痴になってしまうので。)

 

後日、石子が、友達と会った時、米津のパプリカを家で歌ったら、

おかんが、歌い方のクセが強い強いと連発した話をしたんだそうな。

 

石子「千鳥じゃんって言っても、お母さんは、まったく無反応でしゃべってて、ネタがある事は知らずに、歌い方のクセが強い強い!って言ってたんよねって話したら、お母さん芸人みたいって、みんな爆笑!!」ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

 

私「(゚ロ゚*)そうなん。どっちが言うの。」

石子「ノブ。」

私「ノブってどっち。」

石子「はげてないほう。」

私「へーーえ。」

石子は、その後、実際のネタは、クセが凄いわって言うんだけどねっと、さっちゃんはねーって言う歌をダイゴがさっちゃんはねぇぇっと歌うんよっと、真似して、楽しそうに事細かくしゃべってくれた。

 

よく映画のストーリーを教えてと言うと、だいたいでいいのに、ここでドアを開けたらとか、石子は、細かく説明するタイプでね。

台詞のひとつひとつを全部話すんです。

「なっげーわ」っと、いつも、途中で、「要点だけでええでー。」っと言うのです。( *´艸`)

真面目に、一生懸命話してくれるんですが、話してる途中から、私は、右から抜けて行ってますからね。

歌い方のクセが凄いだけでなく、だいたいでいでーっと思う世代との、年齢のギャップも凄かった。