バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワスポ巡り、日々感じた事、オークション、好きな物の雑記

吾輩は猫である。名前は、こう呼ばれている。

f:id:babupeikko:20181015094031j:plain

そうだ、汽車に乗って出かけよう♪

f:id:babupeikko:20181015094128j:plain

「にゃんだ、またお前か。」

黒チビは、いつもこんな風。

 

f:id:babupeikko:20181015094334j:plain

猫駅長と言うなら、ここが元祖と言いたいぐらい、気に入ってる駅である。

特にこの二匹は、人懐っこい。

同じく人懐っこい女の子が来て「ゆうこも連れてくるわー」っと。f:id:babupeikko:20181015094804j:plain

↑ゆうこ。

ゆうこって言うから、友達連れて来ると思ってたら「猫かよ!」

f:id:babupeikko:20181015094613j:plain

リアルファーで、かゆくなったか。w ゆうこを三日月のように抱えてきたからな。

女の子には、ゆうこは本当に友達なのでしょう。

この駅は、海の近くだけど海が見えないし、道も細いので、滅多に人が来ない。

夕方、待合室を掃除されにいらっしゃる 地域のおばさんしか、私もこの駅では見た事がない。

女の子は、久しぶりに見た乗客を、猫と一緒に歓迎してくれたのだ。

 

f:id:babupeikko:20181016104620j:plain

f:id:babupeikko:20181015094231j:plain

f:id:babupeikko:20181016104952j:plain



今度は海を見に行く。

f:id:babupeikko:20181016104712j:plain

イカ釣り漁船がちょうど出発した。

 

レトロな駅に、風情のある港。

にゃんこたちに、昭和風な名前を勝手に付けてる可愛い女の子。

妙に合っている気がした。

ここは、懐かしの国である。

f:id:babupeikko:20181016104812j:plain

にゃんこたちは、道路の真ん中にいる事も多い。駅前ですけど、一応。

車のほうが、ちゃんと助走して行くのである。

初めて寝てる姿を見た時は、死んでるんじゃない?って思った。

 

人が来ると、にゃーにゃー寄って来る。

地域の人たちに可愛がってもらってる証拠だ。

 

上りが来るまで、またにゃんと遊ぶ。

ゆうこたち、また来るからね~♪今回、初めて名前がわかった。w

f:id:babupeikko:20181016110225j:plain

海岸ギリギリを走るので、ほんと近い!

f:id:babupeikko:20181016110306j:plainビーチに来てるのじゃなく、汽車からの撮影で、この距離!

写ってないが、大きな夕日も堪能し、まったーーり出来た日でR。