バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワスポ巡り、オークション、日々感じた事、本物とサル真似、好きな物の雑記

私は一瞬の感動がとても好きなのです。

昔、昔の事。

アホ上司「今日、ちょっと残ってもらえる?」

 

私「今日はナルトがあるので無理です。」

 

アニメを理由に残業を断っても、

もうこういうキャラが出来上がってるので、問題無し。

逆に、周囲の理解が良すぎて、ウケまくっているぐらいだ。

(ブラックでは、嫌われていると、ちょっと休み変わって~すらも言えない。)

 

22日は、一か月前から遅番と決めてきた。

 

用事がある。瑞風に手を振らないといけない。当然だ。

 

お天気はしょうがない。

曇りであったが、雨が降らないだけマシ。

f:id:babupeikko:20180424203201j:plain

f:id:babupeikko:20180424203234j:plain

f:id:babupeikko:20180424203304j:plain

徐行運転区間でR。

f:id:babupeikko:20180424203410j:plain

長い!

f:id:babupeikko:20180424203854j:plain

いつもカーブと感じないぐらい曲線が短いもん。

f:id:babupeikko:20180424203955j:plain

f:id:babupeikko:20180424204242j:plain

この手はわざと入れてます。仮にAさんとします。

ずっと隣のAさんとしゃべっていました。

先に声をかけたのは私ですが、その後はずっとAさんがしゃべってくださいました。

Aさんと一緒に来た方は、寒いと木の下でしゃがんでました。ここ風強いからねえ。

 

Aさんはデジカメを指しながら「ねえねえ、これ声とか入るの?」

私「いいえ、入りません。w」

それを確認した途端、Aさんは、キャーキャー言いだし~~。Σ(゚∀゚ノ)ノ

「ようこそ何々へ~~。」

「ほら、手をふらなきゃ!」

めっちゃ可愛い。( *´艸`)

カメラも持たず、本当に【歓迎】だけで来てたのです。

動画にしたほうがおもしろかったかも。

 

Aさんはいつも駅で瑞風に手を振ってるそうで、次は何日と教えてくれました。

また会いましょうと。(*≧3≦)=b

 

私はここから30キロ先に移動。

ビュースポットで、徐行運転しててね~。

f:id:babupeikko:20180424205128j:plain

後ろから車がまったく来てなかったので、国道でもパシャッ!

(さすがに窓を開ける余裕はなく、ガラス越し。)

f:id:babupeikko:20180424205215j:plain

ふ~~ぅ、ノロノロの車がいたけど間に合って良かった。

f:id:babupeikko:20180424205556j:plain

今度は景色なんかどうでもいいんだよ。近くでやっぱり見たいもん。

f:id:babupeikko:20180424205708j:plain

30キロ手前の海岸で手を振ってた人が、ここまで来てるとは誰も思うまい。w

綺麗に撮る事より、自己満足で幸せいっぱいだった~。\(*⌒0⌒)b♪

優しくて面白いAさんとも会えたし、私用も終え、張り切ってGO!

 

待つのは長いけど、来るのは一瞬。

 

花火も一瞬。

 

流れ星も一瞬。

 

桜もあっちゅう間。

 

一瞬が大好き。

その時に、その瞬間に、そこに居たから会える幸せ。(≧∇≦)