バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワスポ巡り、日々感じた事、オークション、好きな物の雑記

大晦日も元旦もイイ事がありました。

去年は、パワースポットで取材を受け、TVにも出ました。

山陰でしか放送されてませんが。

 

リハーサルをされてる芸能人さんが、緊張されてるのを見て

滅多に緊張しない私も少し緊張しました。

 

正直、深く考えていなかったのです。

 

ブレスを今から浄化するぞって時に、背後に人の気配がしたので、

振り返ったのです。

その時、お声をかけて頂きました。

「何々TVの何々と言う番組なんですが、今日は何々の取材で来ていて、

どこどこの所でインタビューに答えてもらえますか?」

その他大勢の中の一人で、ひとこと言えばいんだろうぐらいで、

「(インタビュー)いいですが、私は今から一度(車に)戻りますけど。」

TVクルー「ありがとうございます。どこどこに何時何分に来てもらったらいいです。」

「わかりました。」

 

私はその後、予定通り、ブレスをすべて浄化し、重いので一旦ブレスを車に戻しに。

駐車場往復の時間しかなく、余裕なし。

私「(車まで行って)すぐ戻らないといけないわ。」

私「化粧もはがれてる(こんな)おばちゃんでいいんだろうか?」

例え時間があっても、化粧直しなんかする気もないけど。

 

番組が終わったあと、わかったのですが、私がメインで、

私しかしゃべってないのです。

声をかけられ集まった方たちはいらっしゃったのですが、

インタビューは私だけ。

 

残り30秒ですって言うカンペが出た時も、私の時間が、あと30秒って意味だと思っていました。

この後、次の人がインタビューされるんだろうと。

 

ちゃんとお声をかけて下さった時、説明もしてくださっていました。

相方はちゃんと聞いてましたが、私は浄化の事で頭いっぱいだったのです。

 

過去、石子がNHKの取材や、新聞の取材を受けた事があります。

 

「昨日、石子ちゃんだ!っと思って見たよ。上手にこたえてたわ。」っと

隣の家の人に言われ、「え?それ何チャンネルですか?」

NHKの夕方のニュース。」

 

私「石子~~、NHKって機材に書いてあったやろう。」

石子「そんなん知らんよ。見てない。」

 

こんな感じで、石子は、取材を受けた事自体を、特別な事と思っていませんでした。

その気持ちが、去年よくわかりました。

テレビカメラに放送局の名前が書いてあるかな?っとか

そういう細かい事を、取材を受ける張本人は考えもしない。

なんか撮影してるわって言うギャラリーが、どこのTVやろうって

気にする事。

 

TVに出たいと思ってない人がインタビューを突然受ける事になると、

上手く答えようとか思わないもんなんですね。(我が家だけか?)

 

自己紹介で、わたくし、何々(所属事務所)の何々ですって言われても、

あんまりTV見ないから知らない。

 

例えば、

「ジャニーズの何々です。」ってリポーターの人が話かけてくれて、

「は、はあ。」みたいな事は失礼になるので、言えません。

なので、ほ~~んの少し首をかしげて、会釈ほど。

そのリアクションで、知らないんだなってわかるじゃないですか。

もちろん知っていたら、「何々に出てましたよね。」っとか、

「あのドラマ面白かったです。」っとか言いますけどね。

とにかく、知らないって事を、声に出すのは失礼なんで、

ワンクッション入れたくて行動で伝えたのです。

 

そのリポーターの方が、「はい、今日、わたくしは、どこどこに来ています。」

っとTVに向かって緊張しながら、何度も練習されてるのを見て、ちょっとだけ緊張したのです。ほんのちょっと。w

 

カメラマンさんが、ここに立っておいてください、カメラが寄ってきますのでっとか

指導してくださいました。

 

私はとにかく、何を言われても、数人インタビューされるうちの一人と思ってるだけ~。

ずっとお気楽でした。

 

あと10分ほどで始まります。っと言う声で、初めて

「これ生(放送)なんだろうか?」っと、気になりました。w

 

なかなか「これ生ですか?」ってクルーの人に聞きにくいので、

とうとう聞かずじまい。今も、いつ放送されたのか、全然知らないのです。w

 

ちなみにラジオも一度あります。

ラジオのアナウンサーは凄いです。

黙ると、放送事故になってしまうので、めちゃくちゃフォロー上手なんです。

ノリがいいし明るい。

 

目に見えない世界だけに、無言は絶対ダメって身に染みてご存知なんですよね。

アナウンサー「何々はどうですか~?」

私「まったくダメです。ぜーんぜんダメですね。」←正直に答えただけです。

大うけで「ダメダメですか。」と二人のアナウンサー。

すっごく盛り上げて下さるので話しやすかったですね。

 

TV的にはこうなほうがいいんでしょうがっとか、素人の人が言ったりしますが、

なにか面白い事を言わなくっちゃとか、そういう気持ちにはならなかったです。

 

声のトーンもいつも通り。

話し方も普通。

素人はプロのフォローに任せたらよろし。

 

ラジオは、普通にしゃべってるだけなのに、正直に言ったら、

笑ってくださって、こっちまで楽しくなりましたね。

 

去年は、TVの照明ってまぶしいなっとか、

やっぱり冷静に楽しんでました。

 

あの経験で思ったのです。

 

いろんなゲストを呼ぶ番組の進行役の方たちって、

今日はサッカーのゲスト。今日は野球、今日はオペラ歌手。

いろんな事を知っておかないとインタビュー出来ないので、

凄いなあと。

 

尊敬します、司会やレポーターのお仕事。

 

今年も、すでにロケットスタートどころじゃなく、

ロケットスタートをしました。

 

こんなにラッキーでいいんだろうかと言う超スタートをね。

 

縁起を担ぐ方が聞くと、「凄いじゃん!」

「なんてラッキーな。」っとおっしゃるような事がありました。

 

f:id:babupeikko:20180102011242j:plain

 

スーパームーンを楽しんで、寝ます。