バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワースポット巡り、温活、田舎暮らし、日々感じた事、好きな物の雑記。

イタリアでの事。

あれは~~、ミラノからベニスへ向かう列車での事じゃった。

向かい合う4人席。

相方が隣で、前はイタリア人二人。

辞書を片手に、会話がはずむ。

 

英語のNOは、イタリア語でもノーだけど、イタリアではノーを伸ばさず短く言う。

「ノ」こんな感じ。

 

相方の職業を知ると、急に尊敬の目線。

日本の技術者って、外国では尊敬されるのか。

 

イタリア人のコラードさんは製薬会社に勤めているとわかった。

「タ・ケ・ダ。。。なんちゃら。。。」

おおー武田薬品知ってるのね~。

あとは忘れたけど、他にも日本の薬の会社を知っていた。

 

旅先だもん、色々常備薬は持参していた。

鞄から、ケロリンの箱を出し、

コメカミを指さし、頭が痛いジェスチャーをした。

f:id:babupeikko:20170917191901j:plain

まあ、この箱ですからね。頭とわかるでしょう。

コラードさんは、興味津々で、( ☆∀☆)

今までの話とは明らかに違い、ケロリンの食いつきがとにかく凄かった。(○∀○)

 

なにかあったら困るので、全部はあげれないから、中身の一部を抜いて、

コラードさんへプレゼントした。

 

( ☆∀☆)コラードさん大喜び!!!

読めないであろう日本語の箱と、中の薬をまじまじと見ていた。

 

それからも、ジェスチャーいっぱいで、楽しく話していた。

「ベローナには行くのかい?」「いいや、ベニスで5泊するの。」

「ベローナいいよ!」のプッシュが凄かったんで、「ミラノに帰る時に寄るわ~。」っと言った。

ほんとに寄ったんだよ。駅からめっちゃ遠かったけど、歩いて、ロミオとジュリエットのバルコニーで写真も撮ったさ。w

行って良かった。w

( まあベニスでも色々オモロイ事がありましたが~、それはまた別の機会に?)

 

話してる途中に、なかなか通じない事が出て、私がケロリンの箱にボールペンで書こうとした瞬間

コラードさんが慌てて箱を手でガードし「ノ!ノッ!°д°)」

もう激しくガードで「ノーーー!!!」

 

「オォ!スクージごめんなさい)。ヾ(≧д≦)b これはすでにレアな宝物だったね。」

 

コラードさんの、超お気にりに、落書きしてはいけませんね。w

 

 

その後のコラードさんは、どこかで日本人と会う機会があった時

「タ・ケ・ダ。。。ケ・ロ・リ・ン。。。なんちゃら~。」

ケロリンを知ってるの!?」

な~んて盛り上がったかも知れない。w

 

きっとケロリンの箱を、今も大事にしてくれてると信じているのじゃっ。

 チャオ!