バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワスポ巡り、オークション、日々感じた事、本物とサル真似、好きな物の雑記

ノートはやめてーーー!!!

 

この前、風の強い日に、階段の窓の網戸が動いてて、

そこからイモリが入ったようで。

 

朝、壁にいるのを発見。

ギャアーーーーー!!!

5時半に、二階で寝てる相方を呼んだ。

全然起きてこない。

石子の方が起きて、相方を起こしてくれた。

 

自分で起きたんじゃなく、起こされた寝起きって相当機嫌悪いじゃない。

機嫌悪い人に「そこよーー、そこそこ!!」←すでにこの時点で喉痛い私。

 

相方が石子のノートを丸めて叩こうとした。

「石子のノートはやめてーーー!!!」←こんな時でも冷静だ。

「じゃあどうするんだ。」

「掃除機で吸い取ってーー。」

「あ、ほら、(どこ行ったか)わからんようになったじゃないか。

さっきノートで叩けば済んだのに。」

私「目ぇ離さんかったら良かったのに。」

二階へ上がった相方。

えーーーー!!!

機嫌悪いし、自分はどうでもいいので、トットと行きやがった。

 

6時過ぎ、「早くに起こしやがってー。」っとブツブツ言いながら降りてきた。 

「さっきの5時半やで。(4時とかちゃうのに、)そんなに変われへんやん。

あ!石子、ドア閉めてぇええっ。部屋から出たら、もうどこにおるかわからんようになるやん!!」

 

相方にまた言った。「お願い、イモリを見つけて。。。掃除機で吸って。。。」←私には大問題なのである。

 

相方は、掃除機を持ち、いそうなテーブルの後ろへ。

すぐスイッチが入ったので、一発で見つけたようだ。

 

「おったん?イモリ

 

ドタバタしてる相方が言った。「ヤモリだろうが。」

 

絶対見たくない私はとにかく聞くだけでそっちを見ない。

「おったん?イモリ?」

 

相方「ヤモリだろうが。だいたいヤモリは殺したらダメなんだからなあ。」

「掃除機で吸って、外で逃がしたらいいやん。家の中でしたらあかんで。」

 

石子「ヤモリはすばしっこいから、前 捕まえようとしたけど無理だった。」

野生児のいう事は説得力がある。

 

相方の動きが激しくなった!!

「絶対、イモリ吸って!!もう帰ってからだと、どこにおるかわからんもん!

(イモリの為に、)もう今日仕事休んでもええわ!ワッワッ、早く早くぅぅ。ハラハラドキドキで部屋入るん嫌やわ。」

 

相方がドッタンバッタンするたび、ギャーっと叫んでいた私。

それとは対照的な石子「イモリヤモリは違う。イモリヤモリは違う。ブツブツ違う。ブツブツ・・・。」

「そんなんどうでもええわーー!!」

さらにAB型石子が冷静に言う。

(〇・ω・)「イモリは腹が赤いんよ。」

「今いいよ、そんなキモイ説明。」(´д`ι) 

AB型ってどうしてこんなに天然なの?

 

すばしっこいヤモリを、掃除機で吸い、外に掃除機を持って出て、逃がした相方。

相方は、最初、ノートで払い、逃がすつもりだったそうな。

そんな程度ではどっちみち逃げられただろうに。

相方「ヤモリは家を守ってくれるんで~。」

私「いや、守ってもらわなくて結構です!自分で守ります!!

夕方まで、喉が痛かったが、安心して部屋に入れた。

 

めでたし、めでたし。