バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワースポット巡り、温活、田舎暮らし、日々感じた事、好きな物の雑記。

遠い記憶、鮮明な記憶。

私の考えですが、人間、その日に合った事を、

一日に何度も何度も思い出すと、

一生覚えているもんだと。

その後も、ふとした時に、何度も何度も思い出す事って、

一生覚えてるもんだと。

 

 

 

あれは、私が小1の時だった。 

 

クラスに女の子が転校してきた。 

すぐ仲良くなり、彼女の家に遊びに行く事になった。

 

小学校からその子の家へ行く途中に私の家があったので、

ランドセルを置いてから、遊んだ。

私の家から歩いて30分ぐらいかなあ。

 

そこは、小児科へ行く時に通る道だったのは覚えているけど、

最後は、どこへ通じる道だったのか、まったく記憶にない。

そんだけ小さい頃の昔の話。

 

関係ないけど、私の母親は、熱が出ると、すぐお尻に注射してくださいと先生に言った。

絶対に注射されたので、いまだに病院は大嫌いだ。昭和の話よのぉ~。

 

友達が、ここって言ったおうちは、何かの工場の跡地で、

窓ガラスも破片が引っ付いてるだけの、割れた窓。

 

「え!ここ?」住めるん、ここ。。。( ゚Д゚)びっくりもびっくり!

彼女は(⌒∇⌒)ニコっと。それが返事だった。

 

長い塀に囲まれた敷地。

門から入って、彼女は慣れたように、左の建物の外にある

らせん階段を上り二階へ。

 

二階に上がると廊下で、教室のように各部屋へ行けるようになっていた。

いくつか部屋があり、ベッドの上部分だけがある部屋へ。

 

漫画が大量にばらまかされた部屋。

 

「ここで寝てるん?」

「うん♪」

 

ひろーーーい部屋の真ん中に、ベッドのマットがポツン。

 

「お母さんは?」

「お母さんはあっちにいるよ。」

 

隣の部屋も広い。

 

隣の隣の部屋に、お母さんがしゃがんで、なにかしていた。

 

昼間でも室内は暗く、ガラスの割れた窓からの光のみ。

 

「こんにちは!」っと私。

お母さんは、私を見て、うなずく。

怖い顔でもないけど、笑ってもなくて、びっくりもしてなくて、ただただ見上げていた。

 

お母さんと会ってから、なんか、来ちゃいけないとこに来たような、

見ちゃいけないもんを見たような気がした。

 

特に、遊ぶとかもなく、じゃあそろそろ帰るねっと、いっしょに一階へ。

 

歩いて家まで30分って、今思うと、結構な距離だったな。w

 

大人になってから、一度だけ、むかし住んでた町へ行った事がある。

もっと広いと思ってた道も、とても狭くて、子供の時の感覚とは全然違った。

 

 

その子は、二週間もせずに、いなくなった。

 

 

その時は大人の事情とか考えれるはずもなく、

もう転校したん!っと、ただただ、急にいなくなったことに驚いた。

 

なにか訳ありだったんだろうけど、母親は、そんな生活の中でも、

子供を学校へ行かせてあげたかったんだと思う。

 

まだまだ幼い我が子が、友達連れて来たんだもの、びっくりもしてなかった。

堂々としていた。

 

完全な廃墟よね。

夜は真っ暗だったでしょう。月あかりと懐中電灯。

懐中電灯すらあったのかどうか。

ひっこしのトラックも無かったと思う。

手荷物だけ、最小限の荷だけだっただろう。

 

 

私自身も、幼かったな。

あの子と、ずっと一緒に遊べると、思ってたもん。

二人とも無邪気にもほどがある6歳児。

 

すぐ いなくなるなんて!

母親だけは、この土地は、通りすがり程度とわかっていただろうね。

 

あのあと、あの子は、何回転校しただろうか。

 

とても不思議だったので、今でも たまに思い出す。

夢のようなほんとの話。

 

そして、あの子は、家で遊ぼうって言う約束が、すっごく嬉しかったんだと思う。

(⌒∇⌒)

 

 

 

いっしょにその子の家まで行く途中も、

なにをしゃべったのか、ぜーーんぜん覚えてないし、

名前すら覚えてない。

 

でも、

 

粗大ごみから拾ってきたようなマットがポツンとあった部屋。

 

らせん階段。

 

高い塀。

 

割れた窓からの光を背にした母親の姿。

 

散乱した漫画の本。

 

あの子の笑顔。(⌒∇⌒)

 

忘れられない。