バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワースポット巡り、温活、田舎暮らし、日々感じた事、好きな物の雑記。

ナビは、自分の気です。

f:id:babupeikko:20170708070006j:plain

第三の眼で見た場所があまりにリアルだったので冒険に出発。

高速はガラガラの金曜。

 

f:id:babupeikko:20170708070739j:plain

f:id:babupeikko:20170708070836j:plain

f:id:babupeikko:20170708070923j:plain

小さいところだった。

石子が小さい頃に行った場所はもっとひろーーーい畑。

人に聞き、そこを目指した。

 

 

f:id:babupeikko:20170708071600j:plain

ここ、ここ!遠かったーーー。

f:id:babupeikko:20170708071708j:plain

13年ぶりぐらいだもん。記憶も薄いさ。

 

さてさて、この後、宙に浮いた鳥居を見たところを目指す。

これからが、本番だ!

 

自身の気だけが頼り。

気がむくとは、まさにこの事。

引き寄せられるほうに、気が先に行ってると言えばわかるだろうか。

 

この辺だろうって言うのだけを頼りに、走ってる自分がおかしかった。

すっごく細い道に住宅があり、こんなに運転に気を使うとこ住みたくないっと

思いながら通った。

通勤時は対向車にとても気を使う道。

トラックなんか来たら、死ぬわって道。

f:id:babupeikko:20170708072050j:plain

しばらく国道でもない道を走る。

ゴルフ場?っと思ってたら、カートが通った。

ゴルフ場かーー。今日みたいな日でもやるんだ。

(平日で、嵐の翌日。)

f:id:babupeikko:20170708072242j:plain

ここはどこ?私は誰?いや、私はわかるな。

誰も通らないようなグネグネの道を走らされた。

ここほんとに広島?

f:id:babupeikko:20170708072638j:plain

とにかく、高いたかいとこを登り切ったら、急に市内が一望。

すごい。

この辺で鬼太郎の髪の毛の様に、前髪が立ったので、車を止めた。

(実際には毛は立ってないけど、感覚はそうなん。)

f:id:babupeikko:20170708095858j:plain

ここから見えるところだったら、広過ぎ!

石子の携帯も借りてきてないし、どの神社なんよっと、ちょっとお手上げで凹んだ。

 

f:id:babupeikko:20170708073005j:plain

揚倉山健康運動公園

こんな高い場所に運動公園?

なんて読むんかなっと写真をパシャ。

このあと、すぐに鳥居が反対車線に見えた。

前髪が全部逆立つ。(やはり、実際には逆立ってないけど、毛穴がモゾモゾ~っとする感覚。)

f:id:babupeikko:20170708100148j:plain

ここやっ!

平地じゃなく、こんな高い場所だったとは。

とにかく、たどりついたんで良かった!!ヾ(〃^∇^)ノ

凄いとこやったけど、景色がとても良かった。

もう一回行けって言われたら、今度は運動公園を目印にだな。