バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワースポット巡り、温活、田舎暮らし、日々感じた事、好きな物の雑記。

旦那は、天才バスケットマン!

今日は相方の誕生日です。

なので、相方の事を書きます。


天才バスケットマンを知った時、これ、うちの旦那を手本にしたんじゃねえ?って思いました。
ここが似てる~っとか、そういう一部分だけでなく~~、そのままズバリ!なので。


私「これ、美味しいわ~。」
相方「そうだろう、俺はすご腕の料理人!」

すぐ調子に乗るので、褒めて褒めて褒めまくる。
とっても扱いやすい。w

こうして、「やっぱりお父さんが作ったんが一番おいしい~。」
「またあのオムライスが食べたいな~♪」っと言っては、
ほぼ毎日、料理を作ってもらっています。\(*⌒0⌒)b♪

 

もう典型的なB型なんです。


私「その発想どっから来るん~?」ヽ(゚∀゚)ノ
相方「俺はひらめきのアイデアマン!」
石子「はいはい。」┐(-。ー;)┌

 

こうして書いていると、石子は、我が家の 流川 じゃないかーー。

小さい頃は一番笑っていましたが、思春期、反抗期と来てますので、完全に今は流川です。

 

旦那の友達が結婚した時、私はいつも二次会の場所へ迎えに行ってました。

代行運転係み・た・い・な。

旦那は釣りが好きなので、今後、イカ道と名付けよう。

当時はポケベルが主流で、携帯なんぞ、まだ普及していなくて、
到着したら、店に入って
「迎えに来たよ。」っと言わねばならんかったのです。

「イカ道の奥さん?」っと他県から来た人が言うと~、「ちょっといっしょに話しましょう。」となって~。
初めましてが必ずいるので、ハイさいなら~とは、なかなかならんかったのです。

そうすると、イカ道の話題になり、ほんと大変でした。(ω<*ヽ)

 

イカ道と同じ寮で、部屋がいっしょだったA君。「毎日、朝6時にタイマーをセットされ、大音量でYMOを流されてなぁ~。」

 

学生の頃、YMOをいつも聞いてたと、聞かされてはいたけど、
まさか大音量で、目覚まし代わりにしていたとは。。。迷惑な奴~~。

 

このように誰かが言うと「そうそう。俺もこうであぁで~~。」っと次から次に。。。( ̄▽ ̄*)

 


二次会じゃなくても、地元には、イカ道の同級生が、当然いる訳で~。

私「キレたらめちゃくちゃするし~。で、こっちが腹立ってても、翌日にはケロっとしててさー。」

同級生「そうそう!怒ったら滅茶苦茶するけど、アッサリしてるとこがイカ道のいいところ!
もう、イカ道の奥さんだから、どんな人かと思ってたけど、流石は よくわかってる。(≧∇≦ )」

 

どういう意味やねん!イカ道と結婚するような人なんで、とても変わってるとでも?まあ変わってますけども~。

 

私「ほーーんと、あんだけ滅茶苦茶にしておいて、本人、すっかりご機嫌で、普通にしゃべってくるんよ。(* ̄- ̄)
あの人は、どこに行ったか、もうさっぱりで~。休みの日も好き放題なんよ~。」

同級生「イカ道は、猿まわしの猿みたいに、紐付けておかないと、どこ行くかわからんからなあ。^^」

 


イカ道は、相手が言った事をすぐ信じる。

すっごくお金持ちの人に、「大きな家なんでしょうね~?」っとイカ道。
お金持ち「いえいえ、小さい家ですよ。」
イカ道「あ、小さい家なんですね。」
馬鹿たれ!謙遜しておっしゃってるだけじゃーーー!!

 

天才バスケットマンは、高熱でも一晩寝たら治る!っと病院知らず。
風邪でも薬飲まないんですよ!

私たちにも「風邪なんか一晩汗かいたら治る。」っと言うので、「あんたの体と一緒にせんとって!」っと言ってます。

いつもめちゃくちゃ元気なのですが、インフル(たぶん)の時は、さすがにしんどそうでした。
熱で顔が真っ赤でも、休まず出かけ、いっしょに仕事した人が次々に高熱で休みました。。。

ほぼ全員休んだ日、専務に「近寄らないでくれーーー。」っと怖がられていました。

高熱でも休まず~、みんなに移しまくり、最後は一人だけ元気に仕事してましたから。


ちなみに、他の人はインフル陽性でした。
病院には行ってないですが、きっと相方もインフルだったでしょう。

 

 

さて、本日の事。

「あ、これ俺が誕生日だから買ってきてくれたケーキ?」

 

こちらが言う前に、ケーキの箱を見つけて聞いてきました。

めっちゃ嬉しそうな顔で。(*≧O≦)b

 

終わり!