バビブベ ばぶちゃん

天然石、パワースポット巡り、温活、田舎暮らし、日々感じた事、好きな物の雑記。

アッチ、アッチ、アッチッチ。男風呂にも、私の声が聞こえていたそうな。

超短時間イベント。

GW気分を味わう為、時間の隙間に、ちょこちょこと。

ある日の昼食。

f:id:babupeikko:20170506114211j:plain

外で焼くだけ~、食べるのは家の中。BBQ!

 

別の日。お好み焼きを食べに、広島まで。

f:id:babupeikko:20170506114429j:plain

f:id:babupeikko:20170506114500j:plain

f:id:babupeikko:20170506114738j:plain

バナナのんすごかった。

バナナとお好み焼きのコラボ。

勇気なかった。w

f:id:babupeikko:20170506115027j:plain

また別の日、温泉にも。

但し、47度。

入れるかーーー!!!

かけ湯のみ。

地元の人は入ってるんだよ。

熱湯地獄!!

罰ゲーム。

元湯は無理よ。地元の人が入り方を教えてくれたけど、無理よーーー。

出て来た人の足が真っ赤で、日焼けしたのかと思ってたけど、

なぜ、真っ赤かわかった。

ぬるい湯と書いてるほうが47度。

これ、どこがぬるいの?

 

無理。無理。無理。

元湯じゃないほうは、満員で、ゆっくり出来ないけどいいですか?っと言われたと

岡山から来た女性。

二人で、地元の人から、入り方を聞いたけど、シャワーも無いし、

普通に学校で手を洗うようなんしかない。

病院で入院した時、歯を磨くとこあるでしょ。

あんなんがあるだけ。

 

どこで体洗うんですか?状態。

 

元湯はあかん。

 

小さい子が入ってきた。

いや、ここは熱いから無理よっと窓口の人、言ってあげないと。

島根の印象が悪くなるやん。

 

お湯はめちゃくちゃいいです。湯の花びっしり。

 

岡山から来た人、湯に手を付けながら「熱いほう、そうでもないね。」←完全にマヒしてる。

 

「いや、熱いですよ、ぬるいほう(ぬるくないけど)より、断然熱いです!」

私も足を付けて確かめたもん。

 

「ぬるくすると詰まるんで、うちはこのまま」っと元湯のおばちゃん。

知らんがな。詰まるなら工事しいな。水でうべようぜ。。。

入れない温泉なんて。。。

 

温泉行って、浸かれなかったん初めて。かけ湯を何回もして出た。

もう熱くてびっくりして、椅子に座る元気もなく、ジベに座って、

地元の人の入り方を聞いていた。

 

相方も同じで、入ったら動くな。じっとしてないと熱い。

そう言われたそうな。動くと熱いと、女風呂でも聞いた。

あなたたち、おかしいよ。

48度の風呂に入るなんて。。。

地元民「ここの風呂は気持ちイイ。翌日疲れが取れてるのがわかるから!」

 

アッチ、アッチ。イタタタ。もう無理入れない。

 

どこが痛いの?

 

足です。

 

じゃあ足に何回もお湯をかけてから入ればいい。

 

もうやけど状態でヒリヒリしてるので、お湯かけても無理ですよ。。。

やけどしたとこに熱いお湯かけろと言われてるようなもん。

 

「最初に、入り方をちゃんと教えてないから入れないんよ。

何回もかけ湯をしてから入るの。そして、出たり入ったりするの。」

「もう無理なんで、足先だけでも。。。足湯。」

地元民「ここは足湯すると、ひっくり返るよ。」

足湯もダメだった。でしょうねーー、ひっくり返るでしょうねえ。。。

 

私が入った時、私しかいなかったのだ。

アッチ、アッチ。天井は仕切り無いので、男湯にも聞こえていたのだ。

地元民が入って来た時には、すでに、私はへたっていた。

かけ湯して、熱かったからびっくりしたけど、入ったらそうでもないかも~っと思ったのが甘かった。

 

 

最後に、家の48度とあっこの温泉の48度は全然違います。

家のがすぐ冷めるなら、温泉の48度は絶対に冷めないのです。

かきまぜたって、冷めるような温度じゃないのです。

 

48度のほうなんか、30分もしたら、温泉卵が出来ると思った。