バビブベばぶちゃん

いしやさんの好きな物の雑記★-Sarlahcristallo-★https://auctions.yahoo.co.jp/seller/sarlahcristallo

みんなで地球を守ろう。

f:id:babupeikko:20200113225042j:plain

はぁっ!!

仲良くなった友達の母国へと渡り歩いて、いや飛んで行ってるようだ。

異国から異国へ旅する石子であった。

 

それに、いってくるね が いってくれね になってるし。w

メールは短い石子であった。

 

 

寝ずにバイトを掛け持ちして貯めた留学費用だもん。

使い切って来たらいいさ。

ほんとによく頑張ってた。家にほとんど居なかったもん。

階段から足を滑らせた時はバイト出来なかった。

それで、夏休みのバイトはパーになったけど、しょうがない。

頑張り過ぎたから神様が休みをくれたと思って。

就活になると行けないから、どうしても早く行くしかない。

短期で、よく貯めたと思う。

バイトは交通費でないから、家からのガソリン代は自腹だった。

それでも掛け持ちしてよくやった。

自分で稼いだお金は、後悔ないように使ってきたらいい。

社会人になれば、そうそう行けるもんじゃないから。

 

但し、社会人になったら、私は1円も援助しませんよ。

私甘やかさないから。

働かざる者食うべからず。

よく働かない子を家におくなあと私は思いますね。

我が家は古い人間ですからね。

私も、父親に「お米という字は、八十八回もお百姓さんが手間ひまかけて育ててるからだ。」っとお茶碗に米粒を残すと怒られる家庭でありました。

ニートになれるのは、食べるものがあり、寒くない寝る場所があるから。

ニートになる条件を与えれるの凄いなって思います。

我が家は絶対無理。

学業を終えた人間が働きもせず家にいたら、凍える寒空に出しまする。

我が家の場合は、そんな子には育ててないので1ミリも心配してませんけど。

 

 

話はコロっと変わって。

色んな方とお話出来て楽しいボランティアも、丸3年になり交代の時。

本日、新年のあいさつを終えて来た。

 

ボランティアをして、私自身が一番変わった事は、地球環境を良くする為に小さい事からコツコツと~の意識が強くなったことだ。

 

 

アクリルたわしって、アクリルのちっこいちっこいんが川に流れてしまうんですよね。

 

麻のたわしがいいですよ。麻で編んだやつ。

麻に油が付かないので、最初は驚いた。

自然のものってほんとにすごいよ。

 

石も もちろん自然の恩恵ですね♪

 

 

明日地球は滅亡しなくとも、個々の自分の事なのですよ。

 

干ばつと猛暑で、大麦やホップが不作になっていけば、

ビールは超高級飲料になるかもしれない。

飲酒される方、決して他人ごとではないでしょう。

 

異常気象で雪も降らないし、洪水になるほど雨が短時間で降るし、温暖化について、もっと出来る事をしなくっちゃっと言う気持ちが強くなりました。

未来の子供たちの為に、川を汚さないように気を付けるとか、一人ひとりが小さい事に気をつけるだけでも、地球の寿命が伸びるのではないでしょうか。

 

子供のころ、肉屋さんへお使いに行くと、肉を経木(きょうぎ)で包んで渡してくれました。

経木は、汁を吸ってくれ、ちょうどいい保存状態にしてくれる優れもので、殺菌効果もあるのです。

手で割き、弁当の仕切りにしたりも出来るので、バラン買うより殺菌効果で香りもいいし、今こそ経木と思ってます。

タコ焼きを船形のに入れてくれるお店が、今どんだけ残ってるのか知らないけど、あれも経木。

 

プラのゴミが当たり前にように毎日出るこんにち。

100均や300円ショップで、経木を売ってたら、手軽に買えて嬉しいけどね♪

 

天然と思えない美発色のペンダントをお買い上げ頂きましてありがとうございました。

f:id:babupeikko:20200115225316j:plain

どちらも大事に大事にしていましたので、気に入って頂けて嬉しいです♪

これからも、石の目利きが厳選した美しいパワーストーンをご紹介して参ります。ヽ(^o^)丿

タイムカプセルの手紙を持って来てくれた話を、石子にメールした後の話。

こんなメールが着ましてね。

f:id:babupeikko:20200113224450j:plain

なんと!私が小6の時に石子が書いた手紙を開封する事になった。

20歳の自分宛に、20歳になった時も一生懸命頑張ってる自分を想像して書いていた。

最後までなんと明るい手紙であろう。

自分も頑張るよっと言う12歳の締めくくりがなんとも胸を熱くした。

たわいもない事を書いている前半は、自分への質問が多く、後半は、夢と希望にあふれた内容だった。

f:id:babupeikko:20200111173935j:plain

石子は弁護士になりたがっていたけど、反対した。

司法試験は受験回数が3回と決まっていて、失敗したら、また大学院へ入学しなおしとか、予備試験を受けなおしとか、調べれば調べるほど気が遠くなる内容ばかりであった。まあ長い。

簡単じゃないからしょうがないけど、道のりが長すぎる。

結婚しないで頑張ってしまうかも知れんなあとか、誰がそんなに長く学費出すねん!っと、調べるほど頭が痛くなる職業であった。

 

仮に弁護士資格を取れたとしよう。

キャリア無しでは無理なので、個人事務所で経験を積んで~っと、なかなか30歳までに家庭を持つ事も難しい。

 

 

石子が小学生の時、工場の汚染かなんかで、井戸水を飲んだ人たちが病気になった番組があり、弁護士が頑張って戦っているのを見て感動。

「うちも、弁護士になって困ってる人たちを助けたい!」

そう言ってから、高校まで、弁護士志望なのは全然変わってなかった。

 

めちゃくちゃ真面目で、人の話をよく聞く子なので、性格的には向いてると思ったけど、絶対になれる訳じゃないし、無限に試験受けれる訳でもないもん。

今、20歳の石子が、10年後、少し経験を積んだ弁護士になっていた場合、その時私ら何歳やねん!

 

「一人前になるまでに、あまりにも時間がかかる職業はやめて。」

 

好きな英語を活かす事にも興味があったので、そっち方面に行ってくれて良かった♪

10年後には消えてる職業もあるだろうし、時代時代で何が良い仕事なのかわからない。

ミレニアムが新成人になったのだから色々変わって当然ですな。

  

もしかしたら、「そんな職業あるん?」(@◇@)って職業に就くかも知れない。

なんせ新星人ですから。

 

去年の石子との会話。

「◇◇先輩、〇〇に決まったんよ。」

私「ふ~~ん。それって良かったねって言っていいの。」

「みんなが知ってる企業に就職出来るのは、凄い事なんよ。」

私「じゃあ、おめでとうなんやね♪」ヽ(^o^)丿

「そうよ。」

 

勉強になります!w